グローバル展開 グローバル展開記事一覧へ

[新製品・サービス]

日本コンピュータ・ダイナミクス、B-EN-G製ERPをシェアードサービスで提供

2015年9月8日(火)IT Leaders編集部

IT関連サービス事業者の日本コンピュータ・ダイナミクス(NCD)と東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)は2015年9月7日、B-EN-Gが提供するERP(Enterprise Resource Planning)ソフト「A.S.I.A.(エイジア)」を使ったシェアードサービスをNCDが提供すると発表した。グローバル展開を図る企業を対象に、本社と現地法人の間で、販売、在庫、会計をグローバルに管理できるようにする。

 NCDが提供する「グローバル企業向けERPシェアードサービス」は、グループの複数社でERP(Enterprise Resource Planning)を共同利用するためのもの。統括会社または任意の拠点にシステムをまとめたうえで、販売や購買、債権・債務、会計といった各種業務モジュールを各社が利用する。

 例えば、海外拠点の地域グループを1つの管理単位とし、ASEAN地域や中国地域といったグループ企業間で共同利用ができる。グループ内に、工場や販社など事業特性が異なる企業が存在することを前提に、帳簿は個社ごとに作成でき、一定範囲の機能追加やカスタマイズも可能だ。動作環境は、地域性やインターネット事情などを考慮しながら、オンプレミスとクラウドから選択できる。

 システム資産を1カ所で集中管理することで、固定資産/保守費用の削減を図れるほか、経営管理品質の向上と均一化が図れる。グローバルな経営基盤として、複数拠点を横並びで分析するための「Analytics Service」も用意する。

 共同利用するERPの「A.S.I.A.」は、日本企業の商習慣に対応しながら、グローバルでの経営管理に対応したパッケージ。多言語/多通貨/多拠点の機能を持ち、会計から販売、購買、在庫といった機能モジュールを持つ。カンパニー別やビジネスユニット別などの業績管理にも対応し、日本本社から海外拠点の状況をリアルタイムに把握できる。

 NCDは本サービスに加え、海外現地法人へのA.S.I.A.の導入のほか、中国での現地会計対応として中国製ERPソフト「用友」とA.S.I.A.の連携を提案していく。

関連記事

日本コンピュータ・ダイナミクス、B-EN-G製ERPをシェアードサービスで提供IT関連サービス事業者の日本コンピュータ・ダイナミクス(NCD)と東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)は2015年9月7日、B-EN-Gが提供するERP(Enterprise Resource Planning)ソフト「A.S.I.A.(エイジア)」を使ったシェアードサービスをNCDが提供すると発表した。グローバル展開を図る企業を対象に、本社と現地法人の間で、販売、在庫、会計をグローバルに管理できるようにする。

PAGE TOP