CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[シリコンバレー最前線]

Uber、Airbnbで広がる“オンデマンドエコノミー”、既存のビジネスモデルを変革

2015年9月17日(木)山谷 正己

必要なときに、必要な商品やサービスを、必要な場所に届ける−−。そんな「オンデマンドサービス(OnDemand Service)」が続々と登場している。このオンデマンドサービスを提供するビジネスが、「オンデマンドエコノミー(OnDemand Economy)」と呼ばれ拡大している。モバイル時代の本格化で、オンデマンドエコノミーが既存ビジネスを大きく揺さぶっている。

 米国では近年、表1のようなオンデマンドサービス(OnDemand Service)が話題を呼んでいる。

表1:話題になっているオンデマンドサービスの対象と内容表1:話題になっているオンデマンドサービスの対象と内容
拡大画像表示

 これらのサービスはすべて、スマートフォンやタブレットといったモバイルデバイスからオンデマンドでサービスを要求できる。配車サービスであれば、客がいるところまで運転手が車を運転してきて目的地に運んでくれる。駐車サービスであれば、車を停めたい場所の近辺で空きがある駐車場を探して予約してくれる。

 宿泊サービスであれば、通常の民家で余っている部屋を貸してくれる。しかも朝食付きだ。特に若い旅行者に人気がある。海岸近くの家であれば夏の期間に、庭とシャワーと台所だけを貸し出しもする。借り手となる家族は、テント持参で出掛け、その家の庭でキャンプ生活を楽しめる。

 こうした、デマンドに応じて即座にサービスを提供するビジネスのことを「オンデマンドエコノミー」と呼んでいる。一般人が所有する資産を不特定多数の利用者に提供するビジネスの場合は特に「シェアリングエコノミー(Sharing Economy)」と呼ぶこともある。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】「Amazonification」から「Uberization」へ
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
シリコンバレー最前線一覧へ
関連記事

Uber、Airbnbで広がる“オンデマンドエコノミー”、既存のビジネスモデルを変革必要なときに、必要な商品やサービスを、必要な場所に届ける−−。そんな「オンデマンドサービス(OnDemand Service)」が続々と登場している。このオンデマンドサービスを提供するビジネスが、「オンデマンドエコノミー(OnDemand Economy)」と呼ばれ拡大している。モバイル時代の本格化で、オンデマンドエコノミーが既存ビジネスを大きく揺さぶっている。

PAGE TOP