[新製品・サービス]

日本NCR、店頭でのオムニチャネル連携支援ツールを発表

2015年9月14日(月)IT Leaders編集部

米NCRの日本法人である日本NCRは2015年9月11日、小売業などの店頭で働く売り場スタッフを対象にした接客支援ツール「NCR Sales Advisor」を発表した。顧客情報やマーケティング、商品情報、購買履歴といった各種情報を集約し、売り場スタッフが持つタブレット端末に提供する。

 「Sales Advisor」は、店頭スタッフが顧客1人ひとりのニーズに合わせた接客を支援するためのソフトウェア。スタッフが持つ米Apple製タブレット「iPad」に対応し、売場のロケーションにかかわらず、接客/サービスに必要な情報を各スタッフに知らせる。

 店頭スタッフに提供するのは、既存システムやEC(Electronic Commerce:電子商取引)サイトなどから取り込む、顧客情報やマーケティング、商品情報、ウィッシュリスト、レコメンデーション、購買履歴など。直感的な操作やガイダンス機能によって、必要な情報に必要なタイミングに参照できる。

 ECサイトに似たカタログ機能があり、商品の組み合わた提案ができる。POS決済機能「NCR RES MeX」(Mobile POS機能)と連携させれば、接客から決済までをラブレット端末から処理できる。将来、連携システムを追加するための拡張性がある。

関連記事

日本NCR、店頭でのオムニチャネル連携支援ツールを発表米NCRの日本法人である日本NCRは2015年9月11日、小売業などの店頭で働く売り場スタッフを対象にした接客支援ツール「NCR Sales Advisor」を発表した。顧客情報やマーケティング、商品情報、購買履歴といった各種情報を集約し、売り場スタッフが持つタブレット端末に提供する。

PAGE TOP