[新製品・サービス]

日本IBM、ソフトウェア定義ストレージでクラウドへのバックアップなどを可能に

2015年9月14日(月)IT Leaders編集部

日本IBMは2015年9月11日、ソフトウェア定義ストレージ(SDS:Software Defined Storage)「IBM Spectrum Storage」において、クラウドへのデータバックアップを可能にする。併せて、中核の仮想化ソフトウェアである「IBM Spectrum Accelerate」をクラウド上のサービスとして提供する「IBM Spectrum Accelerate on Cloud」を開始した。

 「IBM Spectrum Storage」にクラウドへのバックアップ機能を追加するのは、バックアップサーバーの統合製品「IBM Spectrum Protect」。クラウドゲートウェイ機器を経由せず、IBM Spectrum Protectから直接、クラウド上にデータをバックアップできる。データの特性に応じて、オンプレミスのオブジェクトストレージとクラウドとを使い分けられる。

 Spectrum Protectは、複数のバックアップサーバーを統合しデータを管理する。モバイルやソーシャル、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)といった種々のデータを管理したり、中堅・中小企業ではバックアップサーバーの追加や重複排除機器などが不要になる。

 一方、IBM Spectrum Accelerate on Cloudは、IBM Spectrum Accelerateの機能を同社のIaaS(Infrastructure as a Service)である「SoftLayer」からSaaS型(Software as a Service)として提供するもの。ストレージハードウェアの購入やアプライアンス環境の管理なしに、SoftLayer上にブロックストレージを展開できる。

 クラウドサービスを用意したことで、Spectrum Accelerateの機能を、ストレージ製品「IBM XIV Storage System」と、Accelerateを導入したオンプレミスサーバー、おおびクラウド環境間で共通に利用できる。そのためのポータブルライセンスを提供する。

 Spectrum Protectの価格は、「同Suite Entry - Front End」が1TB当たり75万6000円(税別、以下同様)。2015年9月11日からダウンロード可能なほおか、IBMと米Cisco Systemsが共同開発した「VersaStackソリューション」のオプションとして2015年第4四半期に提供を始める予定である。Spectrum Accelerate on Cloudの料金は。241万1200円(最小50TB)から。
 

関連記事

日本IBM、ソフトウェア定義ストレージでクラウドへのバックアップなどを可能に日本IBMは2015年9月11日、ソフトウェア定義ストレージ(SDS:Software Defined Storage)「IBM Spectrum Storage」において、クラウドへのデータバックアップを可能にする。併せて、中核の仮想化ソフトウェアである「IBM Spectrum Accelerate」をクラウド上のサービスとして提供する「IBM Spectrum Accelerate on Cloud」を開始した。

PAGE TOP