[企業が無線LANで失敗しないための3つの条件]

【条件3】付加価値が高い機能を理解し活用する

2015年9月17日(木)小宮 博美(ラッカスワイヤレスジャパン テクニカルディレクター)

これまでに、企業が無線LANで失敗しないための条件として、無線LANの基本と課題を解説しました。3つ目の条件は、企業向け無線LAN機器が備える付加価値が高い機能を十分に活用することです。そのための方法を解説します。

 無線LAN機器は、無線LANの基本機能に加え、種々の付加価値を備えています。企業が無線LANを活用するためには、これらの付加価値を最大限利用する必要があります。具体的には、無線LANコントローラーと、今後の主流となる802.11ac製品の活用です。

一括設定/一括管理を可能にする無線LANコントローラー

 企業の無線LANネットワークにおいて、導入が一般的になっているのが無線LANコントローラー(以下コントローラー)です。コントローラーは、社内に設置されたアクセスポイント(AP:Access Point)の一括設定や統合管理、統合運用を可能にする機器です。以前は、「導入するAPが20台を超えるようならコントローラーの導入を検討すべき」とされていました。近年は小規模向け製品や仮想化された製品もあるため、APが数台規模でもコントローラーの導入が検討対象になります。

 コントローラーは多くの機能を持っています。中でも有用なのが、一括設定と無線環境の管理です。コントローラーで設定した内容は、社内に配置された各APへ自動で反映されます。動的な設定変更も同様に、運用中であっても管理者が実施した設定変更は直ちに各APへ反映されます。設定を集中的に行うことで、入力ミスや設定漏れを防ぐと共に、設定を一括してバックアップできます。

 一括管理では、無線LANネットワーク全体を通して、APの負荷分散や、5GHz帯の優先利用、接続されているクライアントの管理や情報収集、APに接続している無線LANクライアント数の分布状況なども可能になります。無線LANネットワーク全体の情報を把握できれば、セキュリティ対策や拡張計画の検討も容易になります。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】複数アンテナから電波を送信するスペシャルストリーム
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
企業が無線LANで失敗しないための3つの条件一覧へ
関連記事

【条件3】付加価値が高い機能を理解し活用するこれまでに、企業が無線LANで失敗しないための条件として、無線LANの基本と課題を解説しました。3つ目の条件は、企業向け無線LAN機器が備える付加価値が高い機能を十分に活用することです。そのための方法を解説します。

PAGE TOP