[ザ・プロジェクト]

グループ経営最適化に向けIT基盤刷新、6年プロジェクトを計画通り完遂~アサヒグループHD

──「攻めのIT経営銘柄(2015)」戦略指揮官に聞く

2015年9月16日(水)川上 潤司(IT Leaders編集部)

アサヒグループホールディングスは、グループ経営の最適化を標榜したIT基盤刷新プロジェクトに取り組み、当初の予定通り2015年10月に完遂する。その狙いや、具体的な内容について、全体の指揮をとった知久龍人氏(アサヒグループホールディングス IT部門 ゼネラルマネジャー/アサヒプロマネジメント 取締役 業務システム部長)に聞いた。(聞き手は川上潤司=IT Leaders編集長)

──グループ経営のさらなる強化を目標に掲げ、IT基盤の刷新プロジェクトに取り組んでこられました。

 第4次中期経営改革(2010~12年)と第5次中期経営計画(2013~15年)に合わせて、約6年をかけた大型プロジェクトです。やるべきこと、そしてコスト面の計画でも、ほぼ構想通りに進み、今年の10月には完遂できるメドが立ちました。キックオフの時点で描いていた絵が、やっと完成する運びです。

事業会社ごとにサイロ化し、無理・無駄・ムラが顕在化

──プロジェクトの背景にはどのようなことがあったんですか?

知久 龍人 氏(アサヒグループホールディングス IT部門 ゼネラルマネジャー / アサヒプロマネジメント 取締役 業務システム部長)
拡大画像表示

 当社は、総合酒類事業の展開をはじめ企業価値を高めるためにM&Aを重ねてきた経緯があります。2001年には、資本関係があったニッカウヰスキーを完全子会社化しましたし、2002年には協和発酵(当時)と旭化成の酒類事業を引き継ぎ、焼酎などの分野にも参入しました。その際に協和発酵との合弁で作ったアサヒ協和酒類製造は、2005年に完全子会社しています。飲料の分野では、カルピスも2012年に傘下となりました。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】コストコントロールを強く意識、新規投資による経営圧迫を防ぐ
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

グループ経営最適化に向けIT基盤刷新、6年プロジェクトを計画通り完遂~アサヒグループHDアサヒグループホールディングスは、グループ経営の最適化を標榜したIT基盤刷新プロジェクトに取り組み、当初の予定通り2015年10月に完遂する。その狙いや、具体的な内容について、全体の指揮をとった知久龍人氏(アサヒグループホールディングス IT部門 ゼネラルマネジャー/アサヒプロマネジメント 取締役 業務システム部長)に聞いた。(聞き手は川上潤司=IT Leaders編集長)

PAGE TOP