[クラウド分解辞典−Amazon Web Services編]

【第6回】Webにつながらない事態を徹底回避−Amazon Route53、Amazon CloudFront

2015年9月24日(木)佐々木 大輔(クラスメソッド AWS コンサルティング部 部長/札幌オフィスエリアマネージャ)

第5回では、AWSが提供する各種データベース関連サービスとして、「Amazon RDS」「Amazon ElastiCache」「Amazon DynamoDB」「Amazon Redshift」を紹介した。今回はドメインネームシステム(DNS)サービスである「Amazon Route53」と、CDN(Content Delivery Network:コンテンツ配信ネットワーク)サービスである「Amazon CloudFront」を紹介する。

 昨今のビジネスにおいて、Webサイトの位置づけは、ますます重要不可欠なものになっている。コーポレートサイトだけでなく、WebサービスやEC(Electronic Commerce:電子商取引)サイト、ブログ、ソーシャルメディア連動など、様々な切り口から、Webサイトがビジネス上の顧客の導線になっているからだ。

 そんなWebサイトに対し、「つながらない」事態は大きな機会損失になる。インターネットとスマートフォンの普及によって、Webサイトに気軽にアクセスできるようになった現在では、顧客は興味を持った瞬間に情報にアクセスできないと、すぐに興味を失ってしまう。

 Webサイトにつながらなくなる原因には以下のようなものがある。

●メディア露出などでアクセスが増大したことによる表示障害
●Webサイトを構成するハードウェアやネットワークなどの物理障害
●DNS(Domain Name System)サービスの停止による名前解決障害

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】世界37カ所にサーバーをホスト
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
クラウド分解辞典−Amazon Web Services編一覧へ
関連記事

【第6回】Webにつながらない事態を徹底回避−Amazon Route53、Amazon CloudFront第5回では、AWSが提供する各種データベース関連サービスとして、「Amazon RDS」「Amazon ElastiCache」「Amazon DynamoDB」「Amazon Redshift」を紹介した。今回はドメインネームシステム(DNS)サービスである「Amazon Route53」と、CDN(Content Delivery Network:コンテンツ配信ネットワーク)サービスである「Amazon CloudFront」を紹介する。

PAGE TOP