[クラウド分解辞典−Cloud Foundryの実像]

Cloud Controller を起点にDEAとWardenが連携、Cloud FoundryへのWebアプリケーション配備【第2回】

2015年9月24日(木)萱間 真人(伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)クラウドイノベーションセンター主任)

第1回の『Cloud Foundry見学ツアー」は、いかがだったでしょうか。Cloud Foundry上にWebアプリケーションがどのように配備され、そのWebアプリケーションがどのようにリクエストを受け付けレスポンスを返すのかの概要を体感していただきました。今回は、その見学ツアーに登場した主要コンポーネントである「Cloud Controller」を起点に、それと連動する「DEA」および「Warden」について詳しく見ていきましょう。

 それでは、第1回の見学ツアー同様に、「Cloud Controller」の部屋へ参りましょう。早速、Cloud Controllerの部屋にきました。Cloud Controllerは、その名前の通り、CloudのControl(制御)を担当しています。Cloudとは、もちろんCloud Foundryのことです。

 Cloud Controllerの大事な役割の1つが、各種コマンドやAPI(Application Programming Interface)コールの形で届く“要望”を受け付け、他のコンポーネントに依頼することです。例えば、みなさんがWebアプリケーションを配備したりスケールアウトしたり、その稼動状態を知りたかったり停止させたりしたいとき、それらの要望は、コマンド(「cfコマンド」)やAPIコールという形でCloud Controllerに届けられます。

Webアプリケーションを実行可能な形に変換

 Cloud Controllerの部屋の入口を見てください。ちょうど今、Webアプリケーションの配備リクエストが到着しました。誰かが外から「cf pushコマンド」を実行したのです。この配備リクエストを受け取るのはもちろん、Cloud Controllerの役割です。

 Webアプリケーションの配備リクエストには、Webアプリケーション本体が合わさっています。node.jsアプリケーションであればJavaScriptファイルを含むソースコード、JavaアプリケーションであればWAR(Web Application Archive)バイナリといった具合です。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】様々な言語に対応するための魔法の関数
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
クラウド分解辞典−Cloud Foundryの実像一覧へ
関連記事

Cloud Controller を起点にDEAとWardenが連携、Cloud FoundryへのWebアプリケーション配備【第2回】第1回の『Cloud Foundry見学ツアー」は、いかがだったでしょうか。Cloud Foundry上にWebアプリケーションがどのように配備され、そのWebアプリケーションがどのようにリクエストを受け付けレスポンスを返すのかの概要を体感していただきました。今回は、その見学ツアーに登場した主要コンポーネントである「Cloud Controller」を起点に、それと連動する「DEA」および「Warden」について詳しく見ていきましょう。

PAGE TOP