[中国電脳事情]

【中国電脳事情セレクション】中国、次期5カ年計画でビッグデータ活用を強く推進へ、ほか

2015年9月24日(木)足立 治男

中国メディア各社の報道から、IT関連の最新動向を紹介する「中国電脳事情」。1カ月間に報じられた主要なニュースから重要なものをピックアップしてお伝えする。

中国、次期5カ年計画でビッグデータ活用を強く推進へ

─新華社(2015年9月10日)

 中国工業・情報化省のソフトウェアサービス業司司長である陳偉氏は先ごろ、定例記者会見の席上で、現在、同省が2016年から始まる中国の5カ年計画に、ビッグデータに関する項目を策定しているところであることを示唆した。

 中国で来年から始まるのは「第13次5カ年計画」(2016年~2020年)で、通称「十三五計画」と呼ばれ、重点分野別に計画が策定される。今回、ビッグデータもその範疇に入るということで、中国国務院(日本の内閣府に相当)は「ビッグデータの成長促進に関する行動綱要」を制定している。同要綱は中国のビッグデータ成長における青写真と呼べるもので、各官庁の関係部署における役割などが示され、特に工業・情報化省では、ビックデータ産業の成功例をモデルケースとして提示する。

 「国務院の制定した『メイドインチャイナ2025』計画の絡みからも、特に工業関連分野でのビッグデータ活用は重要。造業の新たな形として『製造強国』を模索するうえでの“イノベーションの起点”となるものだ」と陳氏。同氏によると、工業・情報化省は5カ年計画以外にもビックデータ産業にかかる規模、標準、技術、産業、安全、応用などの成長を促進するためにさまざまな推進を図っていく構えだという。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】爆買いブームの中、EC大手の国美在線が「日本館」を開設
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
中国電脳事情一覧へ
関連キーワード

中国 / アジア

関連記事

【中国電脳事情セレクション】中国、次期5カ年計画でビッグデータ活用を強く推進へ、ほか中国メディア各社の報道から、IT関連の最新動向を紹介する「中国電脳事情」。1カ月間に報じられた主要なニュースから重要なものをピックアップしてお伝えする。

PAGE TOP