[新製品・サービス]

CTC、ビジネス創出のためのハッカソン開催や事業化検討を支援

2015年9月25日(金)IT Leaders編集部

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2015年9月24日、企業におけるビジネスアイデアの創出から、そのためのアプリケーションの開発環境の構築や、実際の開発/運用までを一貫して支援するサービス「CTC Agilemix」を開始したと発表した。ハッカソンを開催したり、アジャイル開発やDevOps(開発と運用の融合)の手法を用いたりすることで、継続的なサービス改善を支援する。

 「CTC Agilemix」は、ハッカソンやアジャイル開発、DevOps(開発と運用の融合)など、クラウド環境での柔軟なアプリケーション開発手法についてのノウハウを体系化したサービス。設計と、開発/運用の2つの段階で新しいビジネス創出を支援する。IoT(Internet of Things:モノのインターネット)やコグニティブコンピューティングといった技術を使った新ビジネスの可能性を検討し、コストを抑えながら素早く新しいサービスを展開できるようにする。

 設計段階では、ユーザーのハッカソン開催を支援する「出張ハッカソン」を実施する。使用するITツールやデータ活用の観点から、ユーザーとともにテーマを設定し、開催時の技術サポートを提供する。ハッカソン開催後は、事業化に向けてシステムやアプリケーションなどの検証を支援する。

 開発/運用段階では、様々なクラウドと連携した開発環境の構築を含め、アジャイル開発の定着、運用段階での継続的なアプリケーションの改善を支援する。

 ハッカソンやアジャイル開発の基盤には、IBMのPaaS(Platform as a Service)である「IBM Bluemix」を採用する。コグニティブコンピューティングサービス「IBM Watson」を取り入れたハッカソンの開催や、アプリケーションの開発ができる。要件に応じてIaaS(Infrastructure as a Service)型のパブリッククラウド、データ解析や地図情報といった各種サービスを連携させる。

 CTCは1年間で20社への提供を目指す。

関連記事

CTC、ビジネス創出のためのハッカソン開催や事業化検討を支援伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2015年9月24日、企業におけるビジネスアイデアの創出から、そのためのアプリケーションの開発環境の構築や、実際の開発/運用までを一貫して支援するサービス「CTC Agilemix」を開始したと発表した。ハッカソンを開催したり、アジャイル開発やDevOps(開発と運用の融合)の手法を用いたりすることで、継続的なサービス改善を支援する。

PAGE TOP