[イベントレポート]

Dreamforce 2015で見えてきたSalesforceが目指す先、IoT軸にプラットフォームを統合・刷新し競合とも提携

2015年9月25日(金)五味 明子(ITジャーナリスト)

米サンフランシスコで2015年9月15日〜18日(現地時間)の4日間に渡り開催された米Salesforce.comの年次プライベートカンファレンス「Dreamforce 2015」。過去最高の16万5000人を超える来場者を集め、盛況のうちに幕を閉じた。ビジネスの世界においてもクラウドネイティブやモバイルファーストの流れが鮮明になる中で同社は、“Customer Succss Platform”を掲げ、クラウドコンピューティング市場で強い存在感を示し続けている。そのSalesforceが、Dreamforce 2015でどんなメッセージを発したのか。4日間の取材を通し、同社が取ろうとしている戦略を検証したい。

写真1:調講演に登壇したSalesforceのCEO、Marc Benioff(マーク・ベニオフ)氏写真1:調講演に登壇したSalesforceのCEO、Marc Benioff(マーク・ベニオフ)氏
拡大画像表示

 「目指すゴールは単なる“モノのインターネット(Internet of Things)”を超えた“顧客のインターネット(Internet of Customers)”だ」−−。

 9月16日の基調講演に登壇したSalesforceのCEOであるMarc Benioff(マーク・ベニオフ)氏は、こう訴えた(写真1)。

IoT Cloudは「顧客の成功のためのプラットフォーム」

 Dreamforce2015に合わせてSalesforceは、同社7つめのプラットフォームである「Salesforce IoT Cloud」を発表し、IoT市場への本格参入を果たした(関連記事『米Salesforce.comが「IoT Cloud」を発表、IoT市場に本格参入へ』)。

写真2:Salesforceの7つめのプラットフォーム「IoT Cloud」は、他の6つのプラットフォームすべてと連携する写真2:Salesforceの7つめのプラットフォーム「IoT Cloud」は、他の6つのプラットフォームすべてと連携する
拡大画像表示

 Benioff氏は、「2020年までには750億ものデバイスがインターネットに接続されるようになる。これはITのレボリューションではなく、顧客にとってのレボリューションだ。我々のIoT Cloudは顧客の成功のためのプラットフォームである」と強調する(写真2)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】Microsoftは競合からパートナーへ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
関連記事

Dreamforce 2015で見えてきたSalesforceが目指す先、IoT軸にプラットフォームを統合・刷新し競合とも提携米サンフランシスコで2015年9月15日〜18日(現地時間)の4日間に渡り開催された米Salesforce.comの年次プライベートカンファレンス「Dreamforce 2015」。過去最高の16万5000人を超える来場者を集め、盛況のうちに幕を閉じた。ビジネスの世界においてもクラウドネイティブやモバイルファーストの流れが鮮明になる中で同社は、“Customer Succss Platform”を掲げ、クラウドコンピューティング市場で強い存在感を示し続けている。そのSalesforceが、Dreamforce 2015でどんなメッセージを発したのか。4日間の取材を通し、同社が取ろうとしている戦略を検証したい。

PAGE TOP