プラットフォーム プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

テックビューロ、Bit Coinの基盤「ブロックチェーン」の構築用ソフトウェアを発表

2015年9月28日(月)IT Leaders編集部

ビットコイン取引所などを手がけるテックビューロは2015年9月25日、P2P型のデータ管理ネットワーク構築用ソフトウェア「mijin」を発表した。低コストでダウンタイムが低いネットワークを構築できる。

 「mijin」は、仮想通貨のBit Coinが利用する「ブロックチェーン」技術を使ったプライベートP2P(Peer to Peer)ネットワークを構築するためのソフトウェア。社内またはパートナー間でのみ利用できる「Permissioned Blockchain」環境をクラウド上に構築できる。ダウンタイムの低減に加え、セキュリティレベルやパフォーマンスの向上、コスト削減を図れる。

 複数のサーバーを立ち上げ、それらのノードが自動的にコンセンサスを取りながら動作する。いずれかのノードに到達したリクエストは自動的に全ノードに伝搬し、ブロックチェーンに記録される。

 プライベートな同一ネットワーク内では、秒間数千トランザクション以上という処理能力を持つ。地理的に分散したノード間での処理能力は、2015年末までに秒間25トランザクション、2016年末までに秒間100トランザクションの実現を目標にする。

 mijinで構築されたブロックチェーンは、既存のデータベースと入れ替えれば、単純なポイントサービスから、決済サービス、オンラインゲーム、航空会社マイレージ、ロジスティックス、保険、金融機関、政府機関などの大規模で高度なシステム基盤にまで利用できる。

 現在はクローズドβテスト段階にある。2016年初頭に提携企業への提供を開始。同年春には有償の商用ライセンスに加え、オープンソースライセンスとしても一般公開する予定だ。

関連記事

テックビューロ、Bit Coinの基盤「ブロックチェーン」の構築用ソフトウェアを発表ビットコイン取引所などを手がけるテックビューロは2015年9月25日、P2P型のデータ管理ネットワーク構築用ソフトウェア「mijin」を発表した。低コストでダウンタイムが低いネットワークを構築できる。

PAGE TOP