[新製品・サービス]

キヤノンMJなど、パブリッククラウドサービスを開始

2015年9月30日(水)IT Leaders編集部

キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)とキヤノンITソリューションズは2015年9月29日、パブリッククラウドサービス「SOLTAGE」の提供を2015年9月30日に開始すると発表した。既存のプライベートクラウドやホスティングサービス、AWS(Amazon Web Services)などの他社クラウドを連携させ、ユーザーに適したシステム基盤の設計/構築サービスを提供する。同社の西東京データセンターを基盤に提供する。

 パブリッククラウドサービスの「SOLTAGE」は、インターネット接続回線からネットワーク機器、仮想サーバーをサービスとして提供するもの。導入支援から構築・運用までに対応し、プライベートクラウドや、オンプレミスとパブリッククラウドを組み合わせたハイブリッドクラウドの構築、オンプレミスからの移行などを可能にする。

 西東京データセンター内に設置したキャリア光アクセス装置を使用して、インターネットを経由しないキャリア閉域網経由で、キャリアが提供するAmazon Direct Connect接続サービスも利用できる。2重化した可用性の高いネットワークや、24時間監視/運用代行なども提供する。ストレージのインターフェースとしてFC-SANを採用し、パフォーマンス低下を抑制している。

 仮想サーバーにウイルス対策ソフト「ESET File Security for Linux/Windows Server」を標準装備する。IPS(侵入防止システム)/IDS(不正アクセス監視システム/侵入検知システム)には個別案件として対応する。

 SOLTAGEの価格はオープン価格。ユーザーに適したシステム基盤を設計/構築するためのコンサルティングサービスも用意する。

関連記事

キヤノンMJなど、パブリッククラウドサービスを開始キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)とキヤノンITソリューションズは2015年9月29日、パブリッククラウドサービス「SOLTAGE」の提供を2015年9月30日に開始すると発表した。既存のプライベートクラウドやホスティングサービス、AWS(Amazon Web Services)などの他社クラウドを連携させ、ユーザーに適したシステム基盤の設計/構築サービスを提供する。同社の西東京データセンターを基盤に提供する。

PAGE TOP