[新製品・サービス]

イージェネラ、“クラウドサービスの卸売り”「Xterity」の国内提供を開始

2015年10月1日(木)IT Leaders編集部

イージェネラ(Egenera)は2015年10月1日、米国本社が提供中のクラウドサービス「Xterity Cloud Services」を日本国内で提供開始した。同社が“クラウドサービスの卸売り”と呼ぶサービスで、ITハードウェアベンダーやIT運用サービスプロバイダーなどの事業者に向けて、IaaS/DRaaSを中心としたインフラレイヤのクラウドサービス事業の立ち上げを支援する。

 2000年に設立され、独自開発のブレードサーバーによって市場での知名度を上げたイージェネラ。以後、一貫してITインフラの仮想化に取り組んできた仮想化製品ベンダーだ。2012年には、アイルランドのダブリンでクラウドサービスを運用するフォートテクノロジーズ(Fort Technologies)を買収し、近年は、データセンター全体の効率化に寄与するクラウドサービスの運用管理技術に注力してきた。

 それをベースにイーネジェラが2015年4月に発表したのが、同社が“クラウドサービスの卸売り”と表現するXterity Cloud Servicesである。対象ユーザーはITハードウェアベンダーやIT運用サービス事業者などで、そうした事業者がXterityを使ってエンドユーザー企業にクラウドサービスを提供できるようにするものだ。2015年5月に米バージニア州アシュバーンと米カリフォルニア州のサンノゼでのサービス提供を皮切りにグローバル展開が始まり、今回加わった日本は世界6拠点の中で3つ目のサイトとなる。

 Xterityのユニークな提供形態を可能にしたのが、グローバルでIX(Internet Exchange)/データセンター事業を手がける米エクイニクス(Equinix)との提携だ(参考記事「初期投資も運用費もゼロでクラウド事業が可能に、米イーネジェラが米エクイニクスとIaaSの“卸売り”を開始」)。

 Xterityでは、エクイニクスの(人的な運用作業を含めた)データセンターリソースを、イージェネラのクラウド管理ソフトウェア「Egenera Cloud Suite」(「PAN Cloud Director」「PAN Manager」「PAN Domain Manager」などで構成)を介して、IaaSとDRaaS(Disaster Recovery as a Service)の提供基盤をXterityのパートナー事業者に提供する。なお、DRaaSについては、2セットのXterity間のほか、Xterityとオンプレミスのシステム間でも構成が可能になっている(図1)。

図1:Xterityの構成イメージ(出典:米イージェネラ)
関連キーワード

Egenera / Equinix / IaaS

関連記事

イージェネラ、“クラウドサービスの卸売り”「Xterity」の国内提供を開始イージェネラ(Egenera)は2015年10月1日、米国本社が提供中のクラウドサービス「Xterity Cloud Services」を日本国内で提供開始した。同社が“クラウドサービスの卸売り”と呼ぶサービスで、ITハードウェアベンダーやIT運用サービスプロバイダーなどの事業者に向けて、IaaS/DRaaSを中心としたインフラレイヤのクラウドサービス事業の立ち上げを支援する。

PAGE TOP