[新製品・サービス]

LINEとインテル、IoTに取り組むソフトウェア開発者への技術情報提供で連携

2015年10月5日(月)IT Leaders編集部

SNS(Social Networking Service)大手のLINEは2015年10月2日、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)対応製品の導入促進とソフトウェア開発者への技術情報支援を目的に、インテルと連携することで合意したと発表した。インテルが、ソフトウェア開発者とのコミュニケーション基盤として「LINE」を使用し、情報共有を促進するという。

 LINEとインテルの連携は、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)に関するソフトウェア開発のための最新の情報をより効果的に伝えるのが狙い。そのためにまず、インドとインドネシアで、ソフトウェア開発者向けのLINE公式アカウントも開設する。

 インテルはこれまで、ソフトウェア関連アップデートやツール、リソースを集約している「インテル・ディベロッパー・ゾーン」を運営してきた。LINEの公式アカウントの、その延長に位置付け、LINE上のコミュニティー経由で、ソフトウェア開発者やメーカーの技術者への情報提供を加速する。

 具体的には、IoTやゲーム開発、デバイスの新しいコントロール方法を提案する「RealSense」テクノロジー、AndroidやWindows上でのソフトウェア開発などに関する最新情報やリソースを提供する。

 併せて、HA(Home Automation:ホームオートメーション)や、デジタルサイネージ、インテリジェントな自動販売機など、IoT製品の開発促進に向けて、「LINE ビジネスコネクト」を活用する。LINE ビジネスコネクトのAPI(Application Programming Interface)と外部データを使って、最終顧客を含めたコミュニケーションを実現し、リアルタイムなフィードバックやレポート作成などを可能にする。

 2015年10月2日に開催した「インテル ソフトウェア・デイ 2015」では、キリンビバレッジバリューベンダーがインテル製プロセサを搭載したインテリジェントな自動販売機を提供すると発表した。同社がサンデン・リテールシステムとブイシンクと共同開発したもので、LINE ビジネスコネクトとの連携により顧客にエンタテインメント体験を提供するほか、マーケティングデータの管理により顧客体験の向上を図るという。

関連記事

LINEとインテル、IoTに取り組むソフトウェア開発者への技術情報提供で連携SNS(Social Networking Service)大手のLINEは2015年10月2日、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)対応製品の導入促進とソフトウェア開発者への技術情報支援を目的に、インテルと連携することで合意したと発表した。インテルが、ソフトウェア開発者とのコミュニケーション基盤として「LINE」を使用し、情報共有を促進するという。

PAGE TOP