CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[飛び出せ!IT部門]

接点活用の成功事例~モバイル企画における成功のアプローチ

【第4回】

2015年10月21日(水)加藤 克則(アビームコンサルティング) 佐藤 雅之(アビームコンサルティング)

前回は、「サービスデスクの重要性」と題して、IT部門が持つ既存接点であるサービスデスクが「ビジネス貢献できる企画のタネ」をどのように集め、活用するかを解説した。サービスデスクが、ユーザー部門からの相談事を効果的に収集し、IT企画を生み出す役割を担う重要性をご理解いただけただろう。今回は業務部門へのモバイル導入事例を通じて、IT部門がどのように企画を立案し、プロジェクトを推進すべきかを、コミュニケーションに関わる成功要因や効果を交えて具体的に解説する。

 「IT部門は、モバイルなどのデジタルデバイスの活用や、クラウドソリューションの業務への導入など、先端技術に関する情報を持っており、後は“企画のタネ”を手に入れればビジネスに貢献できる」と考える方がいるかもしれない。しかし、そこには陥りがちな罠が存在する。

 例えば、モバイル活用で業務を高度化する施策を検討する際、どうしても“モバイルありき”の考えに囚われがちだ。だが、本来は「何を達成するのか」が重要であり、あくまでモバイル機器は単なる道具である。つまり、先端技術を活用することだけを考えるのではなく、IT部門が業務部門と目的・成果・ゴールを共有し、議論し、施策を考えることで初めて、効果的に先端技術の業務活用を実現することができる。

 ここをしっかりと理解した上でIT化案件を成功に導いた事例として紹介するのは、日本を代表するグローバル企業のIT部門の取り組みだ。その企業グループでは、コンシューマ向け製品の製造から販売までを手がけている。各部門やグループ各社をまとめ上げ、グループ統一のモバイル統合基盤を構築すると共に、エンタープライズモバイルシステムをリリースして、ワークスタイル変革を実現・浸透・定着させた。本連載の第2回「あなたが今、踏み出すべき一歩を考える」でIT部門のコミュニケーション強化に向けたステップアップ法を説明したが、その中の「Level.4 チーム型」を実践したIT部門が主人公である。では、プロジェクトを成功させたアプローチや要因を具体的に紹介していこう。

企画をまとめるIT部門のアプローチ

 この企業のIT部門には、本社を含めたグループ各社からIT予算の承認を得るため、様々なシステム化の企画案が持ち込まれていた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】成功要因1~混成チームの組成
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
飛び出せ!IT部門一覧へ
関連記事

接点活用の成功事例~モバイル企画における成功のアプローチ前回は、「サービスデスクの重要性」と題して、IT部門が持つ既存接点であるサービスデスクが「ビジネス貢献できる企画のタネ」をどのように集め、活用するかを解説した。サービスデスクが、ユーザー部門からの相談事を効果的に収集し、IT企画を生み出す役割を担う重要性をご理解いただけただろう。今回は業務部門へのモバイル導入事例を通じて、IT部門がどのように企画を立案し、プロジェクトを推進すべきかを、コミュニケーションに関わる成功要因や効果を交えて具体的に解説する。

PAGE TOP