[失敗しないモダナイゼーション〜マイグレーションを成功させよ〜]

【第10回】ポストマイグレーションの保守・運用を当初から考える

2015年10月26日(月)松本 吉徳

これまで、マイグレーションを実施する際に考慮すべき8つのポイントについて説明してきた。しかし、モダナイゼーションを成功に導くためには、移行段階だけではなく、移行後の運用・保守についても考える必要がある。今回は、マイグレーション後に考慮すべき点について考えてみる。

 マイグレーションの手法を用いることで、既存アプリケーションを再利用しながら維持コストが安価なプラットフォームへ移行できる。業務アプリケーションは従来の機能を保持しており、そのメンテナンスについて変化は少ない。業務アプリケーションを最大限に再利用できるよう、新たな設計および開発を極力避けるのが、マイグレーションだからだ。

変わらないアプリケーション保守

 業務アプリケーションを再利用するマイグレーションでは、アプリケーション自体は変わらない。従って、アプリケーション保守で実施する影響調査、設計、開発、テストといった一連の作業手順も変わることはほとんどない。新しいプラットフォームや開発環境に慣れるまではむしろ、生産性の面では低下するであろう。

 ただそれでは、マイグレーションで安価なプラットフォームに移行でき、運用を集約しコストの圧縮ができても、コスト比率で最も大きな割合を占めるアプリケーション保守の改善が図れない。「アプリケーションの保守の生産性が従来と変わらなければ、目的としては達成できた」との考え方もある。だが、モダナイゼーションとしては敢えてアプリケーション保守にも切り込みたいところだ。

 マイグレーションの対象になるシステムは、開発された時期が10年前、20年前ということがざらにある。長期間に渡って使用されているシステムでは「ドキュメントのメンテナンスが追いついていない」や「ドキュメント自体が存在しない」というケースが多い。そのため、保守担当者の経験に依存し、スキルトランスファーが阻まれ、開発要員のローテーションの阻害要因になる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】ブラックボックス化したシステムを読み解く手がかりに
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
失敗しないモダナイゼーション〜マイグレーションを成功させよ〜一覧へ
関連記事

【第10回】ポストマイグレーションの保守・運用を当初から考えるこれまで、マイグレーションを実施する際に考慮すべき8つのポイントについて説明してきた。しかし、モダナイゼーションを成功に導くためには、移行段階だけではなく、移行後の運用・保守についても考える必要がある。今回は、マイグレーション後に考慮すべき点について考えてみる。

PAGE TOP