[新製品・サービス]

インフォマティカ、データ管理基盤の最新版でハイブリッドクラウド対応を強化

2015年10月19日(月)IT Leaders編集部

米インフォマティカ日本法人は2015年10月16日、データ管理基盤の最新版「Informatica 10」を2015年第4四半期から提供する予定だと発表した。ハイブリッドクラウド環境における大量データの配信などの機能向上や新機能の搭載を図る。米本社が2015年10月13日に発表したもの。

 2015年第4四半期に登場する「Informatica 10」は、データ管理用の基盤ソフトウェア群。データの取り扱いにおける性能や操作性、ガバナンスなどの生産性向上を図る。データ統合基盤の「Informatica PowerCenter」と、データ品質管理の「Informatica Data Quality」、データ連携の「Informatica Data Integration Hub」の3つのコアコンポーネントからなる。

 PowerCenterでは、データフローをリアルタイムに可視化できるようになる。利用したいデータがどこにあるかなどが分かることで、データを利用したいビジネス部門とデータを管理するIT部門の連携強化を図る。そのために、データリネージ(データの系統図)の生成性能を従来版の「Informatica Metadata Manager 9.6」から最大50倍高める。

 Oracle Exadataや同SuperCluster、SAP HANA、HP Verticaといったデータウェアハウス製品からのデータ採集速度も最大5倍高めるほか、いくつかの新機能は無償提供する。100ユーザー分までのアナリストツールや、リレーショナル/バッチ/JDBC/ODBCデータソースのコネクター、リアルタイムエンジン、データ変換などだ。

 Data Qualityでは、データ品質のためのルールを一旦定義すれば、クラウドとオンプレミスの別を問わず、共通に展開できるようにする。ビジネスルール作成機能「Business Rule Builder」の強化により、アナリストやデータ担当者といった業務担当者もデータ品質のルールを決定できるようになる。過去のデータプロファイルと比較して、データプロファイル全体における変更が分析できる。データウェアハウス製品のデータクレンジング機能は最大5倍、高速になる。

 Data Integration Hubでは、Pub-Sub(Publish-Subscribe)モデルによりハイブリッドクラウド環境に対応する。ウィザードやWebベースの管理コンソールを介して、PowerCenterのワークフローをオーケストレーションすることで実現する。同社自身のクラウドサービス「Informatica Cloud」を含め、データパイプラインやワークフロー、可視性を提供する。ビッグデータ対応では、Hadoopが持つペタバイト規模のストレージに対応する。

関連記事

インフォマティカ、データ管理基盤の最新版でハイブリッドクラウド対応を強化米インフォマティカ日本法人は2015年10月16日、データ管理基盤の最新版「Informatica 10」を2015年第4四半期から提供する予定だと発表した。ハイブリッドクラウド環境における大量データの配信などの機能向上や新機能の搭載を図る。米本社が2015年10月13日に発表したもの。

PAGE TOP