[新製品・サービス]

日立、ビッグデータを利用したシステムの導入支援サービスを発表

2015年10月21日(水)IT Leaders編集部

日立製作所は2015年10月20日、ビッグデータ活用のシステム導入支援サービスを発表した。米Pentahoが開発するビッグデータ分析製品「Pentaho(ペンタホ)」を使ったビッグデータ活用を支援する。新サービスは、2015年11月20日から開始する予定である。

 新サービスは、「データ利活用トライアルサービス」と「データ利活用検証支援サービス」の2種類。ビッグデータ利活用に向けた事前検証に伴うユーザーの初期投資や作業コスト、負担の軽減を図る。具体的には、ビッグデータの分析手法の試行や、検証結果の可視化、評価に関する技術支援を検証環境と併せて提供する。

 データ利活用トライアルサービスは、ビッグデータ利活用の適切な手法を導き出すための技術支援。ビッグデータ分析用システムの本格導入に先立ち、まずユーザーのシステム環境の特性やデータ形式、種別などのヒアリングする。それに基づき、データ利活用の手法を導き出し、具体化するための技術支援を提供する。分析対象データの仕分けや、分析結果の可視化における要点の提示、分析結果に対する適切な評価指標の設定などだ。検証結果に関するレポート作成支援や、本格導入時のシステム要件の提案なども実施する。

 データ利活用検証支援サービスは、トライアルサービスで具体化したビッグデータの活用手法について、米Pentaho製ソフトウェア「Pentaho」をインストールした日立のクラウド上のシステム検証環境で導入効果を検証する。ユーザーはPCから遠隔でシステムを検証できる。サンプルデータを使った分析のほか、ユーザーが所有する実データの持ち込みにも対応する。

 Pentahoは、日立の米国子会社、日立データシステムズ(Hitachi Data Systems:HDS)が2015年5月末に買収したソフトウェア開発会社。ビッグデータ分析用のOSS(Open Source Software)である「Pentaho」を提供する。Hadoopなどのデータソースや種々のアプリケーションが持つデータを収集・変換する機能を持ち、システムをまたがった分析ができるのが特徴だ。

 両サービスの料金は個別見積もり。2015年度末までには、Pentahoを使ったシステム実行環境をクラウドサービスとして提供する予定である。

関連記事

日立、ビッグデータを利用したシステムの導入支援サービスを発表日立製作所は2015年10月20日、ビッグデータ活用のシステム導入支援サービスを発表した。米Pentahoが開発するビッグデータ分析製品「Pentaho(ペンタホ)」を使ったビッグデータ活用を支援する。新サービスは、2015年11月20日から開始する予定である。

PAGE TOP