[クラウド分解辞典−Cloud Foundryの実像]

Webアプリケーションのスケールアウトと死活監視の仕組み【第3回】

2015年10月27日(火)萱間 真人(伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)クラウドイノベーションセンター主任)

第2回の「Cloud Foundry」見学ツアーでは、Webアプリケーションの配備について、クラウドを制御する「Cloud Controller」を起点に、実行可能な単位に変換する「DEA」や「Warden」が、どのように連携するかの詳細をお伝えしました。今回は、Webアプリケーション配備を踏まえて、Cloud Foundryのスケールアウト(水平拡張)と、Webアプリケーションの死活監視について見学していきましょう。

 それでは見学ツアーの再開です。早速、Cloud Controller の部屋へ参りましょう。

なぜ「実行可能な Web アプリケーション」を
保存しておくのか?

 Cloud Controller の部屋へ向かう途中で、第2回で訪れたWebアプリケーション配備の過程について振り返っておきます。スケールアウトを解説するにあたり、とても重要なキーワードがありますからね。

 利用者からのWebアプリケーションの配備リクエストは、Cloud Controllerが受け取ります。そのリクエストにはWebアプリケーションそのもの(ソースコードやバイナリ)が含まれています。Cloud Foundryは、このWebアプリケーションを直接実行できるように「ビルドパック」を利用して何かに変換します。

 ここで最初の質問です。「その何かとは何だったでしょうか?」

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】あらかじめビルドされたDropletを配備する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
クラウド分解辞典−Cloud Foundryの実像一覧へ
関連記事

Webアプリケーションのスケールアウトと死活監視の仕組み【第3回】第2回の「Cloud Foundry」見学ツアーでは、Webアプリケーションの配備について、クラウドを制御する「Cloud Controller」を起点に、実行可能な単位に変換する「DEA」や「Warden」が、どのように連携するかの詳細をお伝えしました。今回は、Webアプリケーション配備を踏まえて、Cloud Foundryのスケールアウト(水平拡張)と、Webアプリケーションの死活監視について見学していきましょう。

PAGE TOP