[インタビュー]

情報のガバナンスと利活用の両立が可能?!“うまい話”の裏側を米AvePointのCEOに聞く

2015年10月27日(火)田口 潤(IT Leaders編集部)

報告書や提案書など様々なドキュメント類を適切かつセキュアに管理しながらも、情報の活用を促す−−。普通に考えれば、これらは両立困難な、やっかいな問題だ。例えばセキュリティを強化しようとすればするほど、オフィス文書にせよ電子メールにせよ利活用が面倒になるのは、直感的にも明らかだろう。こうした認識に対し、そうではない。両立できる」と主張するIT企業がある。

 ドキュメント類のセキュアな管理と情報活用は両立できると主張するのは、AvePointという米国のソリューションベンダーである。米MicrosoftのSharePointやOffice、Office365を使いやすくするツール群を提供する。日本ではあまり馴染みがないが、北米を中心に1万4000社、300万ユーザーにサービスを提供しているという。同社の主張の根拠はどこにあるのか。来日した同社の共同CEO兼共同創業者であるTianyi Jiang氏に話を聞いた。(聞き手は田口 潤=IT Leaders編集部)

米AvePointの共同CEO兼共同創業者であるTianyi Jiang氏米AvePointの共同CEO兼共同創業者であるTianyi Jiang氏

−−AvePointは、一言で言えば何の会社だと言えばいいか。つまりどんな価値を提供する会社か?

 企業コンテンツ管理(ECM:Enterprise Contents Management)と呼ばれるソフトウェア分野がある。これを破壊的に変革するソリューションを提供するのが当社だ。従来型のレガシーなECMを欧米では多くの企業が導入したが、ユーザーに利用されることはあまりなかった。コンテンツや情報を専用のソフトウェアで管理するため、ユーザーが情報を登録するのも利用するのも煩雑だったからだ。結果、ECMが管理するドキュメントは全体の30%程度に留まってしまった。

 これに対して我々は、MicrosoftのSharePointとMS OfficeやOffice365に焦点を合わせて、情報の管理やガバナンス、セキュリティ、活用を支援するソリューションを提供する。ユーザーは慣れ親しんだSharePointとOfficeを使い続ける中で情報を自然に整理し、管理可能にし、セキュリティを確保できる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】SharePointを超える仕組みは出現していない
  • 1
  • 2
関連記事

Special

-PR-

情報のガバナンスと利活用の両立が可能?!“うまい話”の裏側を米AvePointのCEOに聞く報告書や提案書など様々なドキュメント類を適切かつセキュアに管理しながらも、情報の活用を促す−−。普通に考えれば、これらは両立困難な、やっかいな問題だ。例えばセキュリティを強化しようとすればするほど、オフィス文書にせよ電子メールにせよ利活用が面倒になるのは、直感的にも明らかだろう。こうした認識に対し、そうではない。両立できる」と主張するIT企業がある。

PAGE TOP