[ビッグデータが変える課金システムの姿]

【第5回】テクノロジーの発展が引き起こす課金システムの革新

2015年10月30日(金)Andrew Tan(独Enterest CEO)

テレコム業界で導入が先行する課金システムですが、他業界でもサービス化が進む中で課金システムの重要性が増しています。前回は、急速に広がったソーシャルメディアが課金システムに与える影響を考えました。今回は、テレコミュニケーションにおける技術革新が課金システムに与える影響を考えます。

 テレコミュニケーションにおける技術革新により、携帯デバイスやウェアラブルデバイスでもインターネットが使えることが当たり前になりました。それに伴って、顧客の要求も膨らんでいます。さらに、ネットワークを介して各種のサービスを提供するOTT(Over the Top)プレイヤーが、テレコミュニケーションの領域に進出してきたことにより、市場の収入モデルは大きく変化しました。

 これまで、通信サービス事業者(CSP:Communication Service Provider)は提供するサービスそのもので収入を得てきました。しかしOTTプレイヤーは、アプリ内広告や音楽のオンデマンド課金など、通信サービス事業者が想定していなかったビジネスモデルで収入を得ています。

デジタル時代のトレンドは、さほど新しくはない

 ここで、通信サービス事業者に危機をもたらすような重要トレンドをリストアップしてみましょう。

スマートデバイス:初代iPhone(2007年)の登場によって始まった、いわゆるスマートフォンの台頭はとても革新的でした。ゲームからオンラインバンキングに至る数多くのアプリケーションが出現し、今や従来型の携帯電話(フィーチャーフォン)のほとんどがスマートフォンに置き換わろうとしています。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】次世代の課金システムの必要条件
  • 1
  • 2
バックナンバー
ビッグデータが変える課金システムの姿一覧へ
関連記事

【第5回】テクノロジーの発展が引き起こす課金システムの革新テレコム業界で導入が先行する課金システムですが、他業界でもサービス化が進む中で課金システムの重要性が増しています。前回は、急速に広がったソーシャルメディアが課金システムに与える影響を考えました。今回は、テレコミュニケーションにおける技術革新が課金システムに与える影響を考えます。

PAGE TOP