[事例ニュース]

NECがグループ基幹システムの基盤を刷新、SAP HANAを導入

2015年11月6日(金)IT Leaders編集部

NECは、グループの販売・経理・購買業務などを対象とする基幹システムのプラットフォームを全面刷新する。プロジェクトの完了予定は2016年度中。同社が2015年11月5日に発表した。

 NECは、グループ全体をあげて経営判断・業務判断のスピードを図る改革を進めている。2010年からは、それまで会社や組織ごとに個別最適化されていた販売・経理・購買の業務プロセスを標準化した上でSAP ERPを導入し、グループ各社にクラウドサービスとして提供してきた。

 今回発表した取り組みは、業務の品質やスピードをさらに向上させることを狙ったもの。(1)受注・売上の計上や入金引当など、日々のトランザクション処理を高速化する、(2)基幹システムに蓄積される数億件以上の経営データを速やかに分析する環境を整える、といったことを通じて、意思決定の最適化と迅速化を追求する。

 具体的なIT基盤としては、SAP社の次世代ビジネススイート「SAP S/4HANA」適用の第一ステップとして、インメモリープラットフォーム「SAP HANA」の導入を決定した。加えて、サーバー「NX7700xシリーズ」やストレージ「iStorage M5000」、クラスタリングソフト「CLUSTERPRO X」、SDN対応の「UNIVERGE PFシリーズ」といった自社製品を採用すると共に、VMwareによる仮想環境を構築。これらの施策によって物理サーバーの台数を70%削減する。

 また、「NEC Cloud IaaS」に実装している、仮想環境管理・アカウント管理など担う統合デリバリ管理機構や、その運用ノウハウを活かして、約25%の運用コスト削減にもつなげる。

ユーザー名 NEC
事業内容 エレクトロニクス、IT
導入システム 基幹業務システムを稼働させるIT基盤
導入目的 グローバル規模で、意思決定の最適化や迅速化を図る
主な利用製品 「SAP HANA」(SAP)、サーバー「NX7700xシリーズ」、ストレージ「iStorage M5000」、クラスタリングソフト「CLUSTERPRO X」、SDN対応の「UNIVERGE PFシリーズ」(以上、NEC)

 

関連キーワード

エレクトロニクス / 製造 / 基幹システム / NEC / SAP / HANA

関連記事

NECがグループ基幹システムの基盤を刷新、SAP HANAを導入NECは、グループの販売・経理・購買業務などを対象とする基幹システムのプラットフォームを全面刷新する。プロジェクトの完了予定は2016年度中。同社が2015年11月5日に発表した。

PAGE TOP