[市場動向]

トヨタ、シリコンバレーにAI技術の研究開発会社を設立へ、5年で1200億円投入

2015年11月6日(金)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

トヨタ自動車は2015年11月6日、人工知能(AI)技術の研究開発拠点として、新会社TOYOTA RESEARCH INSTITUTE, INC(TRI)を、米カリフォルニア州シリコンバレー地区に設立すると発表した。新会社の設立は2016年1月で、今後5年間で約10億ドル(約1200億円)を投入してこの領域に注力する。

 今回のトヨタの発表は、2015年9月に公にした米マサチューセッツ工科大学(MIT)コンピュータ科学・人工知能研究所(CSAIL)および米スタンフォード大学スタンフォード人工知能研究所(SAIL)との研究提携に続くもの(関連記事:トヨタが自動車へのAI応用に5年5000万ドル、MIT/スタンフォード大と共同研究へ)。同社はAIを、これからの産業技術の基盤を担うとともに、新たな産業を創出すると期待される重要技術であるとし、2016年1月に設立するTRIをAI技術によるイノベーションの中央拠点と位置づけて、研究開発を加速させる構えだ。

 トヨタはTRIを中心とする新しいAI研究開発体制の運営に約10億ドル(2016年~2020年までの設立当初5年間での総額)を投じ、TRIの社員数は約200名規模を予定している。新組織の最高経営責任者(CEO)には、トヨタのETA(Executive Technical Advisor)であるギル・プラット(Gill A. Pratt)氏が就任する。プラット氏は、2010年から2015年にかけて、米国防総省国防高等研究計画局(DARPA)のプログラムマネジャーとして、人間協調型ロボットなどの複数のプログラムを指揮したこの分野の第一人者である。同氏は優秀な研究者を集めつつ、MITやスタンフォード大学に設立した研究センターとの連携をさらに進めるなど、研究体制の強化に取り組んでいくという。

 TRIを中核拠点に、トヨタはAI技術を駆使してビッグデータの高度活用にさらに注力する。これにより、今後の社会が直面するさまざまなな課題を解決し、将来の持続可能なモビリティ社会の実現を目指していくとしている。「だれもが安心して安全・自由に、より豊かに暮らすことができる社会を実現し、革新的な商品の企画・開発を進めていく」(同社)

 プラット氏はCEO就任にあたっての抱負を以下のように述べている。「TRIでは、事故を起こさないクルマ、誰もが移動の自由を享受できるモビリティ、高齢者の尊厳ある老後をサポートするロボットなど、人と協調できる人工知能技術の開発に取り組む。さらには、新材料探索・生産管理システムなど幅広い領域での応用に向けた技術開発を行い、社会に貢献したい」

 また、トヨタの代表取締役社長、豊田章男氏は、「私たちが人工知能技術を追求するのは、より豊かな社会を実現するためである。プラット氏をTRIのトップとして迎えたのは、彼が偉大な研究者だからではない。彼の目指すゴールとそこに向かう志が、私たちと同じだと確信したからだ」とコメントしている。

画面1:トヨタのWebサイトでは、新会社設立会見の模様を公開している(http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/10143272/)

 

関連キーワード

トヨタ自動車 / AI / 製造

関連記事

トヨタ、シリコンバレーにAI技術の研究開発会社を設立へ、5年で1200億円投入トヨタ自動車は2015年11月6日、人工知能(AI)技術の研究開発拠点として、新会社TOYOTA RESEARCH INSTITUTE, INC(TRI)を、米カリフォルニア州シリコンバレー地区に設立すると発表した。新会社の設立は2016年1月で、今後5年間で約10億ドル(約1200億円)を投入してこの領域に注力する。

PAGE TOP