[新製品・サービス]

米Red Hat、ハイブリッドクラウド向けでMicrosoftと提携

2015年11月9日(月)IT Leaders編集部

米Red Hatは2015年11月4日(米国時間)、クラウド分野で米Microsoftと提携した。ハイブリッドクラウドの導入を容易にするため、Microsoftが「Microsoft Azure」におけるエンタープライズLinuxの優先的選択肢としてRed Hat Enterprise Linuxを提供することになった。

 今回の提携により、AzureユーザーはRed Hat製品をネイティブに利用可能になる。Azureは、Red Hat Certified Cloud and Service Providerとして認定される予定で、そうなるとRed Hat Enterprise Linuxアプリケーションやワークロードを、Azure上で実行できるようになる。「Red Hat Cloud Access」のサブスクリプションを持っているユーザーは、それぞれの仮想マシンイメージをAzure上で実行できる。

 一方、Azureのユーザーは「Red Hat JBoss Enterprise Application Platform」「同JBoss Web Server」「同Gluster Storage」、およびPaaS製品である「OpenShift」を含む、Red Hatのアプリケーション基盤を利用できるようになる。今後、Azure Marketplace上で利用可能な従量課金方式のRed Hat Enterprise Linuxである「Red Hat On-Demand」を提供する計画だという。

 また、ハイブリッド環境全体に渡るエンタープライズグレードの統合サポートも提供する。両社の製品にまたがるクロスプラットフォームのサポートを、統合化した形で提供する。同一施設内に両社のサポートチームを配置することで、シンプルでシームレスなサポートを提供する。

 .NETに関する協業では、Microsoftが2015年4月に発表したLinux上の.NET のプレビューを拡張し、OpenShiftとRed Hat Enterprise Linuxを含む各種Red Hat製品で、開発者が.NETテクノロジーを利用できるようになる。Red Hat Enterprise Linuxが、Linux上の.NET Core用の主たる開発、リファレンスOSになるとしている。

関連記事

米Red Hat、ハイブリッドクラウド向けでMicrosoftと提携米Red Hatは2015年11月4日(米国時間)、クラウド分野で米Microsoftと提携した。ハイブリッドクラウドの導入を容易にするため、Microsoftが「Microsoft Azure」におけるエンタープライズLinuxの優先的選択肢としてRed Hat Enterprise Linuxを提供することになった。

PAGE TOP