[失敗しないモダナイゼーション〜マイグレーションを成功させよ〜]

【第11回】マイグレーションに“終り”はない

2015年11月24日(火)松本 吉徳

これまで10回にわたり、マイグレーションを実施する際のポイントについて説明してきた。マイグレーションは「ITコストの適正化」と「企業競争力の維持・継承」を実現するためにレガシーな環境から脱却するための手法である。今回は、そのまとめとして、マイグレーション後の“さらなる一手”について考慮すべき点を考えてみる。

 企業ITが抱える課題は、「より競争力を高める戦略的なシステム投資を望んでいるが、IT投資の多くの部分をバックログの解消やシステム維持に費やし、新たな投資コストを捻出できない」ことである。システム面でも「システムの老朽化やITガバナンスの強化が必要だが、現行システムの機能維持が伴い簡単には踏み切れない」。これらの課題を解決するための手法が、本連載のテーマであるマイグレーションだ。

 マイグレーションでは、IT投資の大部分を費やしていた運用・維持コストの大幅な削減を図る。削減できたコストを活用することで、IT投資の全体金額を変えることなく、戦略的なシステム投資に振り向けることが可能になる。市場競争力を高めるための業務の効率化や、スピードアップおよび付加価値の向上、リスク対策、セキュリティ対策などだ。当然ながら現行機能も維持できる。

 一方、マイグレーションを実施すると当初計画より開発コストが2倍、3倍と膨れ上がるケースが少なくない。これは、マイグレーションのテスト段階になって問題点を発見し、改修後の再テストで新たな問題を発見されるためだ。しかも発見された問題点が他のアプリケーションにも内在し、改修と再テストが発生する。結果として、再テストのスパイラルに陥り開発コストを増加させていく。

 このようなスパイラルに陥ることなく、マイグレーションを成功させるために考慮すべき点が、本連載で解説した8つのポイントだった。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】実行環境を統合できなければ運用負荷は軽減しない
  • 1
  • 2
バックナンバー
失敗しないモダナイゼーション〜マイグレーションを成功させよ〜一覧へ
関連記事

【第11回】マイグレーションに“終り”はないこれまで10回にわたり、マイグレーションを実施する際のポイントについて説明してきた。マイグレーションは「ITコストの適正化」と「企業競争力の維持・継承」を実現するためにレガシーな環境から脱却するための手法である。今回は、そのまとめとして、マイグレーション後の“さらなる一手”について考慮すべき点を考えてみる。

PAGE TOP