グローバル展開 グローバル展開記事一覧へ

[ザ・プロジェクト]

BI活用でグローバル拠点の課題を可視化―八千代工業の取り組み

2015年11月24日(火)杉田 悟(IT Leaders編集部)

グローバルに生産拠点を構える製造業にとって、各拠点を跨いだ可視化は、経営上の重要課題となっている。環境の変化が早く、情勢が刻々と変わる現代において、各拠点の状況をスピーディーに可視化するシステムは、経営判断に大きなアドバンテージを与えるからだ。ここに紹介する八千代工業は、BI(Business Intelligence)ツールを用いてそのアドバンテージを得ることに成功している。BIベンダーのマイクロストラテジーが2015年11月12日に虎の門ヒルズで開催した「MicroStrategy Symposium」で、その経緯が明らかにされた。

 八千代工業は、自動車部品の生産や軽自動車本体の受託生産を手掛ける本田技研工業(以下、ホンダ)の子会社だ。20ある生産拠点のうち13拠点を海外に置く、早くからグローバルシフトを取ってきた企業だ。かつて同社には、グローバルシフトを取っているが故の悩みがあった。それが経営判断のための情報可視化に、どうしても時間が掛かってしまうことだった。

 2010年、リーマンショックの影響を引きずり厳しい事業環境にあった八千代工業は、競争の激しい自動車業界を生き抜いていくために、経済状況など様々な環境の変化やグローバル化など、企業を取り巻く状況を素早く察知し、スピーディーな対応が必要と考えていた。そのためには、経営に必要な情報をタイムリーに提供して、スピーディーな意思決定を支援する「可視化の仕組み」が必要だった。

 ところが当時の八千代工業では、国内外の拠点ごとにExcelやWordを駆使した「ハンドメイド」の資料を、メールで本社宛に送付するという方式を取っていた(図1)。本社では毎回、メールで送られてきたばらばらの形式の資料をひとつにまとめて分析するという作業を余儀なくされていた。そのため可視化に時間がかかり、経営判断が遅れるという状況が続いていた。

図1:BI導入前のグローバルデータの収集環境
拡大画像表示

 そこでIT部門(現在のBPR推進部)では、ダッシュボードを作成できるBIツールを導入してスピーディーな可視化を実現しようと考えた。各拠点の源流(生産現場)からの正確な情報をリアルタイムで収集し、多角的に分析して経営者が様々な切り口で経営判断が行える環境を作ろうというのだ(図2)。そのために選ばれたのがマイクロストラテジーだった。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】ダッシュボードを苦労して作り上げる
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

BI活用でグローバル拠点の課題を可視化―八千代工業の取り組みグローバルに生産拠点を構える製造業にとって、各拠点を跨いだ可視化は、経営上の重要課題となっている。環境の変化が早く、情勢が刻々と変わる現代において、各拠点の状況をスピーディーに可視化するシステムは、経営判断に大きなアドバンテージを与えるからだ。ここに紹介する八千代工業は、BI(Business Intelligence)ツールを用いてそのアドバンテージを得ることに成功している。BIベンダーのマイクロストラテジーが2015年11月12日に虎の門ヒルズで開催した「MicroStrategy Symposium」で、その経緯が明らかにされた。

PAGE TOP