CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[飛び出せ!IT部門]

全体俯瞰してみよう!~PgM(プログラムマネジメント)実践の要諦

【第5回】

2015年12月16日(水)福田 洋平(アビームコンサルティング)

前回までは、「攻めのIT」を推進する上でのキーワードのうち「接点強化」について、その重要性や具体的な施策を4回にわたって紹介してきた。「攻めのIT」を推進するIT部門に生まれ変わるために必要な考え方や、IT部門が「カスタマーである経営層」や「ユーザーである業務部門」と積極的にコミュニケーションを取ることの必要性、そしてIT企画を生み出すうえでサービスデスクが担う役割などをご理解いただけただろう。今回は「攻めのIT」を推進するためのもう一つのキーワードである「全体俯瞰」について、「接点強化」を担う人材や時間を捻出するための考え方と具体的な取り組みについて事例を交えて紹介する。

 一言「全体俯瞰してみよう」と言われ、あなたは「それができたら苦労しないよ」と思ったかもしれない。そもそも「全体俯瞰」できているイメージさえ湧かないかもしれない。「全体俯瞰」とは言葉の通り、端から端まで(=全体)を高い所から見下ろすこと(=俯瞰)であり、ディテールよりも状況を漏れなく大局で把握することが重要である。「木を見て森を見ず」という表現があるが、「森を見て木は後で」といったイメージである。

 「全体俯瞰」実現のための一歩踏み込んだ現実解として、PgM(プログラムマネジメント)やSLM(サービスレベルマネジメント)の整備・運用があり、これらの実行により視界は広がり、全体把握が可能になることで、今まで気付かなかった改善のポイントやヒントを得ることもできる。「攻めのIT」によりビジネスをリードするIT部門に生まれ変わるためのベースを、「全体俯瞰」で構築することが可能なのである。

PgM(プログラムマネジメント)

 IT部門が担う3つの領域(企画・導入・保守運用)のうち、特に導入フェーズに対する「全体俯瞰」の有効な手法として、「PgM(プログラムマネジメント)」がある。プログラムマネジメントを端的に言えば「複数プロジェクトの同時並行的マネジメント」である。具体的には「個々にマネジメントすることでは得られない成果価値を実現するため、依存関係のある複数プロジェクトを「プログラム」として扱い、調和を保ちつつ一元的に統括管理する」ことであり、“プロジェクト間依存関係”“複合成果価値”“統括管理”という言葉がキーになる。

 例えば「IT戦略の実現」のように個々のプロジェクトの複合的な成果によってもたらされる、より大きな成果の達成をマネジメントすることに適した手法である。
実際、プログラムマネジメントを導入している企業のうち多くの企業が「経営戦略」を支える「IT戦略」を実現するための手法としてプログラムマネジメントを導入してきており、そのプログラムマネジメント導入自体が競争優位や成長をもたらす「攻めのIT」と言える。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】「説明を尽くす」そして「効率化を同時に実現する」
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
飛び出せ!IT部門一覧へ
関連記事

全体俯瞰してみよう!~PgM(プログラムマネジメント)実践の要諦前回までは、「攻めのIT」を推進する上でのキーワードのうち「接点強化」について、その重要性や具体的な施策を4回にわたって紹介してきた。「攻めのIT」を推進するIT部門に生まれ変わるために必要な考え方や、IT部門が「カスタマーである経営層」や「ユーザーである業務部門」と積極的にコミュニケーションを取ることの必要性、そしてIT企画を生み出すうえでサービスデスクが担う役割などをご理解いただけただろう。今回は「攻めのIT」を推進するためのもう一つのキーワードである「全体俯瞰」について、「接点強化」を担う人材や時間を捻出するための考え方と具体的な取り組みについて事例を交えて紹介する。

PAGE TOP