バックアップ/アーカイブ バックアップ/アーカイブ記事一覧へ

[新製品・サービス]

ストレージクラフト、バックアップ・リカバリー製品のフォールバック機能がHyper-Vに対応

2015年11月25日(水)IT Leaders編集部

バックアップ・ディザスターリカバリー製品を提供するストレージ クラフトは2015年11月24日、WindowsとLinuxの混在環境を対象にした「StorageCraft ShadowProtect SPX」の標準機能であるVirtualBootテクノロジーが、Hyper-Vに対応したと発表した。

 VirtualBootテクノロジーは、緊急時にバックアップイメージを代替環境としてVM(Virtual Machine:仮想マシン)環境で起動し、数分でフォールバックできる機能。従来は、ハイパーバイザーとしてWindows上で動作するOracle VirtualBoxのみをサポートしてきたが、今回の機能強化によってWindows Server 2012 R2のHyper-V上でもVMとしてWindowsシステムの起動が可能になった。

 仮のシステムをHyper-VのVMにフェイルオーバーできるうえ、本番環境のシステムに対する変更をHyper-Vのホスト上でオフラインでテストし、迅速に本番環境に戻すことも可能となっている。新機能は、ソフトウェアを更新することで利用できる。
 

関連記事

ストレージクラフト、バックアップ・リカバリー製品のフォールバック機能がHyper-Vに対応バックアップ・ディザスターリカバリー製品を提供するストレージ クラフトは2015年11月24日、WindowsとLinuxの混在環境を対象にした「StorageCraft ShadowProtect SPX」の標準機能であるVirtualBootテクノロジーが、Hyper-Vに対応したと発表した。

PAGE TOP