[新製品・サービス]

日立システムズ、日立コンサルティングとIoT導入支援サービスを提供

2015年11月27日(金)IT Leaders編集部

日立システムズは2015年11月26日、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)導入を支援する「IoT 導入支援パック」を発売した。日立コンサルティングと共同で提供する。IoT構想策定コンサルティングとクラウド型のデータ収集・管理・分析環境トライアルをパックとして提供する。

 「IoT 導入支援パック」は、日立コンサルティングが提供してきたIoT(Internet of Things:モノのインターネット)構想策定を支援するコンサルティングサービスと、日立システムズが提供するクラウド型のデータ収集・管理・分析環境を、短期間・低コストのトライアルパックとして提供する。

 日立コンサルティングは、IoTビジネス構想策定のノウハウを、IoTを活用した期待効果とその実現にあたり必要な整備事項を活用ステージごとに整理したドキュメント「IoT 構想策定テンプレート」を整備し、「IoT ビジネス構想策定コンサルティング」として企業に提供している。

 日立システムズは、様々な業種の企業にITサービスを提供すると同時に、IoT活用に必要となるデータセンター、拠点間ネットワーク、セキュリティやクラウド型遠隔統合監視基盤サービスである「ファシリティ・モニタリングサービス」などを提供している。

 両社の製品・サービスを組み合わせ、IoTのビジネス活用に向けたテーマ設定、計画立案、検証、検証結果に基づく計画見直しといった一連のプロセスを短期間・低コストで行えるようにする。

 テーマ設定、計画立案には、日立コンサルティングの「IoTビジネス構想策定コンサルティング」を適用し、データ収集・管理・分析環境には、日立システムズの「ファシリティ・モニタリングサービス」を活用する。

 ファシリティ・モニタリングサービスは、セキュリティが確保された日立システムズのデータセンターから管理対象数や利用期間に応じたクラウドサービスとして提供する。また、支援パックの利用後、IoT本格導入に当たってのM2M(Machine to Machine)ネットワークの構築や制御系システムのセキュリティ確保、大規模データの保管といったニーズにも日立システムズが対応し、企業のIoT活用全体を支援する。

 両社は、主に工場やプラント設備を持つ製造業を対象にIoT導入支援パックを拡販し、2018年度末までに累計50社への販売を目標にする。

関連記事

日立システムズ、日立コンサルティングとIoT導入支援サービスを提供日立システムズは2015年11月26日、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)導入を支援する「IoT 導入支援パック」を発売した。日立コンサルティングと共同で提供する。IoT構想策定コンサルティングとクラウド型のデータ収集・管理・分析環境トライアルをパックとして提供する。

PAGE TOP