[イベントレポート]

クラウド移行こそレガシー脱却の好機!? クラウドカンパニーへのシフトを鮮明にする米Infor

2015年12月2日(水)五味 明子(ITジャーナリスト)

「Give us your datacenter !(御社のデータセンターを我々にください)」--。ERP(Enterprise Resource Planning)ソフトウェアベンダーの米Inforが、クラウドシストを強力に推し進めている。このメッセージは、同社のプレジデントであるStephan Scholl(スティーブン・ショール)氏が先頃、仏パリで開いた年次カンファレンスで約1500人の参加者に向かって発したものだ。「基幹システムはオンプレミス」の形態を取る企業が依然、多数派のなかで、なぜInforはクラウドシフトを急ぐのか。

 米Inforは、製造業を中心に、流通/小売り、金融、エネルギー、ヘルスケアなど幅広い業界において、多くの顧客企業をグローバルで抱えるエンタープライズソフトウェアベンダーである。顧客企業としては、伊Ferrari、米Bank of America、米GAPなどに並んで、日産自動車やコマツ、DMG森精機といった日本企業の名前も挙がる。

 主力製品のERP(Enterprise Resource Planning)のほかに、CRM(Customer Relationship Management:顧客関係管理)やHCM(Human Capital Management:人事管理)といったアプリケーション分野にもポートフォリオを広げている。そんなInfor製品の最大の特徴は、それぞれの業界が求める機能に完全特化したパッケージであること。同社はこれを「マイクロバーティカル」と呼んでいる。

 ERPを例に取れば、グローバル展開する製造業には「Infor LN(旧Baan)」を、食品/飲料やファッションなどの一般消費財を扱う企業には「Infor M3」といった具合に、コア機能を業界固有の商慣習に合わせたパッケージを提供する。このマイクロバーティカルにより、競合である独SAPや米Oracleとの差異化を図ってきた。

写真1:米InforのプレジデントであるStephan Scholl(スティーブン・ショール)氏写真1:米InforのプレジデントであるStephan Scholl(スティーブン・ショール)氏

 そのInforが今、全社を挙げて推進する戦略がクラウドへのシフトである。同社のプレジデントであるStephan Scholl(スティーブン・ショール)氏が、2015年11月3日(現地時間)に、仏パリで開催した年次カンファレンス「Inforum Europe」のオープニングゼネラルセッションで投げかけた「Give us your datacenter !(御社のデータセンターを我々にください)」という発言には、オンプレミスからクラウドへのマイグレーションをユーザー企業に強く推す同社の意図が現れている(写真1)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】クラウド移行はハイブリッド前提の3段階で
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

クラウド移行こそレガシー脱却の好機!? クラウドカンパニーへのシフトを鮮明にする米Infor「Give us your datacenter !(御社のデータセンターを我々にください)」--。ERP(Enterprise Resource Planning)ソフトウェアベンダーの米Inforが、クラウドシストを強力に推し進めている。このメッセージは、同社のプレジデントであるStephan Scholl(スティーブン・ショール)氏が先頃、仏パリで開いた年次カンファレンスで約1500人の参加者に向かって発したものだ。「基幹システムはオンプレミス」の形態を取る企業が依然、多数派のなかで、なぜInforはクラウドシフトを急ぐのか。

PAGE TOP