[新製品・サービス]

富士通、セールスフォース上の業務アプリとコミュニケーションサービスを連携

2015年12月4日(金)IT Leaders編集部

富士通は2015年12月3日、米セールスフォース・ドットコムのクラウドサービスと連携したコミュニケーション環境を構築するサービスの提供を開始した。必要な業務アプリケーションは、アプリケーション開発基盤「Force.com」を活用して短期間で構築、ビジネスのスピードアップと効率化を支援する。

 新サービスは、セールスフォース上で開発されたクラウド型業務アプリケーションと、メールやスケジュール管理、アクション管理など、個別に構築されていた企業内のコミュニケーションサービスを連携させる。加えて、全社でより効率的な情報活用を可能にするために必要なアセスメントから設計、アプリケーション構築、運用などのサービスを提供する。

 各種コミュニケーションサービスと業務アプリケーションとをつなぎ、業務や顧客、アクション情報などを業務起点、顧客起点で適宜連携させ、全社的に共有することで、ビジネスの効率化を支援する。

 セールスフォース・ドットコムのクラウドサービスの特性と機能を活用し、社外との情報共有や共同プロジェクトの進捗管理などを行うアプリケーションを構築するなど、顧客やパートナーとのコラボレーション環境の構築も支援する。

 富士通は、ユーザーの環境やニーズをアセスメントし、その結果を踏まえて、コミュニケーションサービスと業務アプリケーションとの連携に必要な環境構築、運用・保守までを包括的に提供する。システム連携に向けて、自社の業務に適したアプリケーションの洗い出しから開発環境構築までを短期間で実施できる。

 価格は、アセスメントサービスが200万円からで、設計・構築サービスと運用サービスは個別見積もり。富士通は、2018年度までに20億円の販売を目標にする。
 

関連記事

富士通、セールスフォース上の業務アプリとコミュニケーションサービスを連携富士通は2015年12月3日、米セールスフォース・ドットコムのクラウドサービスと連携したコミュニケーション環境を構築するサービスの提供を開始した。必要な業務アプリケーションは、アプリケーション開発基盤「Force.com」を活用して短期間で構築、ビジネスのスピードアップと効率化を支援する。

PAGE TOP