開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

【Special】

システム化の主導権をIT部門の手に取り戻す──「日本型内製」の鍵を握る超高速開発

「Wagby Developer Day 2015」リポート

2015年12月17日(木)

ジャスミンソフトの主催により2015年12月2日、「Wagby Developer Day 2015」が東京・秋葉原で開催された。内製開発に興味を持つ企業が一堂に会する恒例イベントの今年のテーマは「日本型内製の最先端がここにある」。過去最多の参加登録者数を記録するなど熱気に包まれた会場では、国内トップクラスの導入実績を誇る超高速開発ツール「Wagby」の先進的な活用事例を中心に、18のセッションと懇親会が繰り広げられた。

IT部門復権の鍵は「内製開発」にあり

 この日のイベント全体の挨拶と基調講演を行ったのは、ジャスミンソフトの代表取締役、贄良則氏だ。開口一番、同氏は「『Wagby R7』の登場から2年が経過した。これまでは基本機能の充実を図ってきたが、いよいよ来年からは、今まで温めてきた新機能の開発を進めていく」と宣言した。

ジャスミンソフトの代表取締役、贄良則氏

 続いて贄氏は、過去20年の企業ITの動向を振り返った後、「現在の潮流は従来のエンタープライズアプリケーションであるSoR(System of Record)ではなくSoE(System of Engagement)へと向かっている。SoEへの投資意欲はどんどん高まっているのに対し、残念ながらSoRへの投資は減少かせいぜい現状維持止まりだ。投資額の減少はIT部門の地位やIT部門の業績に直結するものだ」と指摘した。

 こうした現実を受け止めつつも、IT部門には企業の競争力の源泉となることが求められる。そこで贄氏が強く主張するのが、経営者に対して自社システムの再構築を訴えることだ。

 「再構築の一番の鍵は、IT部門による企業ITの内製、つまりシステムの主導権をIT担当者自身の手に取り戻すことにある。そのためにはまず、自社のデータがどういう形で社内を流れているのかを把握する“データモデラー”を起点にしなければならない」(贄氏)。

 内製開発によるシステム再構築で大きな役割を果たすのが、「Wagby」だ。基幹系システムは5年、10年という長期のスパンで運用されるため、保守に重きが置かれる。「Wagby」であれば、保守コストを抑えつつ、ユーザーの声を常にシステムへとフィードバックしながら進化を続ける、といった運用が可能になるのである。「超高速開発とDevOpsは非常に相性がいい」と贄氏は強調する。

図1 超高速開発におけるシステム保守のサイクル
拡大画像表示

 変わるのはIT部門の姿勢だけではない。ユーザーとツールベンダー、そしてSIer/コンサルタントといった3者の関係性が変わることも重要だ。これまでは、リスクを誰に押しつけるかという鍔迫り合いが散見された。しかし、こうした関係性のままでは、まわりまわって最終的にはユーザーが損を被ることになってしまうのである。

 そこで贄氏はこう力説する。「ツールベンダーを巻き込んでいってしまえばいい。我々としてもそれが本望だ。そうなれば、リスクはなくなりはしないものの、3者の間で綺麗に等分されるだろう。もはやユーザーとSIerは、これまで言われてきたような敵対する関係ではなくなるのだ。そういう思いを持った方々と私たちも積極的に会話をしていきたい」。

 また贄氏は、SoEの最新のテクノロジーをSoRにも持ち込めるよう、SoEの世界で実績が積まれた最新技術を積極的に「Wagby」へと取り込んでいくことを宣言。2016年の「Wagby」のバージョンアップに言及し、複数のデータベースへの対応や、UIのリッチ化などについて説明を行った。そして最後に同氏は、来年11月10日に「Wagby Developer Day 2016」を開催すること、その場で「Wagby R8」について発表を行うことを早くも表明して講演の幕を閉じた。

関連記事

システム化の主導権をIT部門の手に取り戻す──「日本型内製」の鍵を握る超高速開発ジャスミンソフトの主催により2015年12月2日、「Wagby Developer Day 2015」が東京・秋葉原で開催された。内製開発に興味を持つ企業が一堂に会する恒例イベントの今年のテーマは「日本型内製の最先端がここにある」。過去最多の参加登録者数を記録するなど熱気に包まれた会場では、国内トップクラスの導入実績を誇る超高速開発ツール「Wagby」の先進的な活用事例を中心に、18のセッションと懇親会が繰り広げられた。

PAGE TOP