グローバル展開 グローバル展開記事一覧へ

[真のグローバルリーダーになるために]

【第24回】日本人の“真面目さ”を逆手に相手の虚を衝く

2015年12月18日(金)海野 惠一(スウィングバイ代表取締役社長)

香港での大型案件の競合相手、北京鳳凰のトップに会うために北京に飛んだ、日本ITCソリューション課長の佐々木と香港支社副社長の森山、そして協業する三井商事の筒井。北京で待っていた筒井の部下、三井商事北京支社の大神が仕入れた情報は、筒井の予想通り、安値攻勢の裏にもう1つ別の案件があった。そんな北京鳳凰に対する攻め処はどこか。ロビーに集合した4人は、夕食を採りにホテルを出た。

 5月の北京は、かつては爽やかだった。それも最近は、大気中に浮遊する微粒子PM2.5のおかげで空がどんよりしている。ただ、思っているほどは大気が汚れているという感じはしない。10分ほど歩いて店に着いた。この四川料理の店『紅京魚』には円卓とボックス席があるが、今回は4人だったのでボックス席に案内された。

 「ここの四川料理は特に辛いので有名です」。大神はメニューを見ながら説明を始めた。

 「名物は、ナマズの一種の江団魚のラー油煮込みと蟹の唐辛子炒めで、・・・」と、料理をみんなに説明しながら、メニューから選び注文した。この店には、草魚とかナマズ、カエル、田うなぎ、ライギョなどの変わった料理がある。そのいくつかを大神は注文した。佐々木は、そのどれも食べたことはなかったので興味津々だった。

 料理は結構辛かったが、珍しい魚ばかりだったので話が弾んだ。北京は空気が悪いのと物価が高くなってきたので、日本円で給与が支給されている大神は「生活が大変だ」とこぼしていた。習近平の腐敗撲滅運動のせいで、北京では高価なレストランは軒並み経営不振に陥っている。一方で、経済成長が停滞しているとは言っても、まだまだ不動産バブルの余波があり、街は活況を呈しているといった話に花が咲いた(図1)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】敵が思ってもいないところを突くことが重要
  • 1
  • 2
バックナンバー
真のグローバルリーダーになるために一覧へ
関連記事

【第24回】日本人の“真面目さ”を逆手に相手の虚を衝く香港での大型案件の競合相手、北京鳳凰のトップに会うために北京に飛んだ、日本ITCソリューション課長の佐々木と香港支社副社長の森山、そして協業する三井商事の筒井。北京で待っていた筒井の部下、三井商事北京支社の大神が仕入れた情報は、筒井の予想通り、安値攻勢の裏にもう1つ別の案件があった。そんな北京鳳凰に対する攻め処はどこか。ロビーに集合した4人は、夕食を採りにホテルを出た。

PAGE TOP