[インタビュー]

「シリコンバレーは“場所”ではなく“マインドセット”だ」米PivotalのCEO

2015年12月15日(火)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

PaaS(Platform as a Service)構築のためのソフトウェア群Cloud Foundryの商用版などを提供する米Pivotal。2015年8月に同社CEOは前Paul Maritz(ポール・マリッツ)氏からRob Mee(ロブ・ミー)氏に交代した。Mee氏は、アジャイル開発のコンサルティングと関連ツールを提供するPivotal Labs(2012年にEMCが買収)の創設者であり、アジャイル開発やDevOps(開発と運用の融合)などの専門家だ。同氏にアジャイル開発の最新事情などを聞いた。(聞き手は志度 昌宏=IT Leaders編集部)

米PivotalのCEOであるRob Mee(ロブ・ミー)氏米PivotalのCEOであるRob Mee(ロブ・ミー)氏

 Pivotalジャパンは2015年12月3日、東京・六本木で自社イベント「Pivotal Summitジャパン2015」を開催した。同イベントの基調講演に、新CEOであるRob Mee(ロブ・ミー)氏が登壇し、「デジタルトランスフォーメーション時代に求められるアプリケーションの未来像」と題して講演した。

 同講演でMee氏が強調したのは、ソフトウェアによるトランスフォーメーションの重要性とアプリケーション開発のスピードアップ。uberやAirbnb、Netflixなど“Distrupter(破壊者)”と呼ばれる振興企業のいずれもが、「ソフトウェアによって競争力がある製品やビジネスモデル、顧客体験などを生み出している」(Mee氏)からだ。

 しかしMee氏は、「イノベーションはスタートアップ(ベンチャー企業)の専売特許ではない」として、自動車業界や金融業界、メディア業界などで、既存の大企業が各界での主導権を確保するためのソフトウェア開発に乗り出していることを例示したうえで、「必要なのは、スタートアップと同じスピード。それにはモダン(近代的)な方法論とモダンなクラウドプラットフォームが必要だ」(同)と訴えた。

 Mee氏が講演で指摘した、いくつかのキーワードが意味するところを直接に尋ねた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】アジャイルになれば強い開発力の必要性に気づく
  • 1
  • 2
関連記事

「シリコンバレーは“場所”ではなく“マインドセット”だ」米PivotalのCEOPaaS(Platform as a Service)構築のためのソフトウェア群Cloud Foundryの商用版などを提供する米Pivotal。2015年8月に同社CEOは前Paul Maritz(ポール・マリッツ)氏からRob Mee(ロブ・ミー)氏に交代した。Mee氏は、アジャイル開発のコンサルティングと関連ツールを提供するPivotal Labs(2012年にEMCが買収)の創設者であり、アジャイル開発やDevOps(開発と運用の融合)などの専門家だ。同氏にアジャイル開発の最新事情などを聞いた。(聞き手は志度 昌宏=IT Leaders編集部)

PAGE TOP