[インタビュー]

「クラウドの卸売りは半年で120社を獲得」米EgeneraのCEO

2015年12月16日(水)田口 潤(IT Leaders編集部)

クラウドサービスやITインフラの管理ツールを提供する米Egeneraは、「クラウドの卸売りサービス「Xterity Cloud Services」を展開している。2015年5月に米Equinixのデータセンターを利用して開始し、日本でも2015年10月から提供している。ありそうでなかった同サービスは、果たして顧客を獲得できているのか?来日した同社CEOのPete Manca(ピート・マンカ)氏に聞いた。(聞き手は田口潤=IT Leaders編集部)

米Egenera、CEOのPete Manca(ピート・マンカ)氏米Egenera、CEOのPete Manca(ピート・マンカ)氏

 準大手以下のシステムインテグレータやIT運用サービス事業者、そして大手企業の情報システム子会社にとって、クラウドコンピューティングは悩ましい存在だ。AWS(Amazon Web Services)やMicrosoft Azureといったパブリッククラウドは、ITインフラにまつわる様々な面倒事を委ねられる一方で、自社からは見えない、管理不能な要素が発生するからだ。

 例えば、何らかの障害が発生してもできることが限られ、結果として顧客との関係が弱くなってしまう恐れがある。情報セキュリティや機密保護の観点からは、パブリッククラウドに全面依存するのは難しいという面もある。

 自社でプライベートクラウドを構築できれば、これらは解消できる。しかし実現のハードルは低いとは言えない。初期投資と、大手に互して強化し続けるための投資に加えて、技術面や運用管理の面でも難題は少なくない。

 こうした問題を解消するサービスとして、米Egeneraが“クラウドサービスの卸売り”をうたう「Xterity Cloud Services」を2015年4月に発表したことは、本誌で報告した(関連記事)。簡単に復習すると、Xterityは世界各国でデータセンター(DC)事業を手がける米Equinixの物理ITリソースと、Egeneraのクラウド管理ソフトウェア群「Egenera Cloud Suite」を使ったクラウドサービス。Egeneraは卸売りに徹し、IT事業者や情シス子会社などが自社のサービス名を冠してユーザー企業に提供する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】エンタープライズクラスにすればAWSも高くなる
  • 1
  • 2
関連記事

「クラウドの卸売りは半年で120社を獲得」米EgeneraのCEOクラウドサービスやITインフラの管理ツールを提供する米Egeneraは、「クラウドの卸売りサービス「Xterity Cloud Services」を展開している。2015年5月に米Equinixのデータセンターを利用して開始し、日本でも2015年10月から提供している。ありそうでなかった同サービスは、果たして顧客を獲得できているのか?来日した同社CEOのPete Manca(ピート・マンカ)氏に聞いた。(聞き手は田口潤=IT Leaders編集部)

PAGE TOP