[新製品・サービス]

Office 365の閉域網接続が可能に―日本マイクロソフトがパートナー4社と提供

2015年12月17日(木)IT Leaders編集部

日本マイクロソフトは2015年12月16日、統合型情報共有クラウドサービス「Office 365」とユーザーの設備を、専用線やVPNなどの閉域網で直接接続する「ExpressRoute for Office 365」の提供を2015年12月21日より順次開始すると発表した。そのためにパートナー企業4社と連携し、金融や公共分野などでのクラウド利用を支援する。

 「ExpressRoute for Office 365」は、業務でやりとりされるOffice文書やメール、オンライン会議、インスタントメッセージなどへの高い秘匿性や、業務上一貫して安定した性能を必要とするユーザーを対象に提供する。ユーザーのデータセンターや社内システムとマイクロソフトのデータセンターを直接接続することで、ネットワーク経路上のセキュリティや、インターネット経由での性能に関する懸念の解消を図る。

 金融や公共といった、インターネットを介さずに業務データのやり取りを行うことへのニーズの高い分野で、クラウドの利用を推進する考えだ。そのために、インターネットイニシアティブ(IIJ)、エクイニクス・ジャパン、NTTコミュニケーションズ、ソフトバンクのパートナー企業4社と連携して提供する。

 すでに大成建設が、IIJが提供する「IIJクラウドエクスチェンジサービス Office 365接続オプション」によるOffice 365の利用を決定しているという。大成建設は、社員1人ひとりが仕掛りの書類や図面データを格納する個人ストレージとして活用するほか、リアルタイムでコミュニケーションできる環境を構築するために導入を決めたとしている。

関連記事

Office 365の閉域網接続が可能に―日本マイクロソフトがパートナー4社と提供日本マイクロソフトは2015年12月16日、統合型情報共有クラウドサービス「Office 365」とユーザーの設備を、専用線やVPNなどの閉域網で直接接続する「ExpressRoute for Office 365」の提供を2015年12月21日より順次開始すると発表した。そのためにパートナー企業4社と連携し、金融や公共分野などでのクラウド利用を支援する。

PAGE TOP