[クラウド分解辞典−Cloud Foundryの実像]

Cloud Foundryでログを収集するLoggregatorの動き【第5回】

2015年12月22日(火)萱間 真人(伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)クラウドイノベーションセンター主任)

「Cloud Foundry」を知るための見学ツアー。第4回では、Cloud Foundry 上にあるWebアプリケーションのメモリーやファイルが揮発であることを踏まえ、その特性に対処するための「Service Broker」コンポーネントについて見てきました。第5回では、WebアプリケーションやさまざまなCloud Foundryコンポーネントのログを収集する「Loggregator」を見学していきます。

 ログを収集する「Loggregator」は複数のコンポーネントで構成されています。それぞれのコンポーネントの部屋を訪ねる前に、ログを出力する起点であるWebアプリケーションを見学するために、まずは「Warden」の部屋に参りましょう。

ログメッセージになってLoggregatorを見学する

 ここはWardenの部屋です。第2回のツアーで見学して以来ですね。第2回でWardenの部屋を訪れた際は、「Wardenという隔離された部屋の中でWebアプリケーションが動作している」ということを話しました。Webアプリケーションは、この部屋でHTTPリクエストをじっと待ち、ひとたびそれを受け取ると、HTTP レスポンスとして返却するのでしたね。

 HTTPリクエストを受けとりHTTPレスポンスを返却する過程では、Webアプリケーションは様々なことをします。データストアにアクセスすることもあれば、他のWeb APIにアクセスすることもあるでしょう。複雑な金融計算をしたり、あるいはゲームのロジックを実行したりするかもしれません。もしかすると、その過程で、エラーが発生してしまっているかもしれません。HTTP リクエストをレスポンスに変換する過程が、意図通りに動作しているかどうかを、Webアプリケーションの稼働中に確認したくなるのは当然です。

 アプリケーションがどのように動作しているかを確認する方法としては、その動作ログを見ることが最もポピュラーな手段でしょう。どのようなリクエストを受け取り、どのような処理をしているのか。正常なのか異常なのか。ログはWebアプリケーションの稼働状況について様々なことを教えてくれます。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】ログの一時的な保管庫であるDoppler
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
クラウド分解辞典−Cloud Foundryの実像一覧へ
関連記事

Cloud Foundryでログを収集するLoggregatorの動き【第5回】「Cloud Foundry」を知るための見学ツアー。第4回では、Cloud Foundry 上にあるWebアプリケーションのメモリーやファイルが揮発であることを踏まえ、その特性に対処するための「Service Broker」コンポーネントについて見てきました。第5回では、WebアプリケーションやさまざまなCloud Foundryコンポーネントのログを収集する「Loggregator」を見学していきます。

PAGE TOP