CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[調査・レポート]

市場予測データから読み解くビジネス環境の近未来

2015年12月24日(木)川上潤司

ITを専門とする市場調査会社を中心に、2016年以降の注目トレンドや注力すべきテーマをまとめたレポートが発表されている。今、ITリーダーが頭に入れておくべき数字として興味深いものばかりだ。主要なものをピックアップして紹介する。

 「2020年にはインターネットに接続されるデバイスが500億個に達する」──。2011年4月にCisco Consulting Services(CCS、当時の組織名はCisco Internet Business Solutions Group)が公表したホワイトペーパーは、インターネットがモノ同士を接続する位置づけとして発展することを、いち早く指摘したものの1つだ。インターネットに接続する機器数が2008年から2009年にかけて爆発的に増加したことに着目しており、前述の予測に言及している。数字そのものの正確性はさておき、テクノロジーの発展、それによって変わりゆく世の姿などを見通す上で、参考になる指標だ。

 このように近未来を予測した数字やキーワード、メッセージは数多くある。ここでは、2015年9月以降に、IT業界の代表的なリサーチ会社や公的団体が発表した、興味深い市場予測を紹介する。ビジネスを取り巻く環境の変化を考える上で、頭にとどめておきたい。

ガートナー「Gartner Predicts 2016」

 企業のビジネスに大きな影響を与える今後の展望をまとめたもの。米ガートナーが2015年10月6日に発表した。

【出典】ガートナーの発表資料を元に一部を抜粋して編集部が作成。プレスリリースは https://www.gartner.co.jp/press/html/pr20151028-01.html 

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】IDC Japanと世界経済フォーラムの予測から
  • 1
  • 2
関連記事

市場予測データから読み解くビジネス環境の近未来ITを専門とする市場調査会社を中心に、2016年以降の注目トレンドや注力すべきテーマをまとめたレポートが発表されている。今、ITリーダーが頭に入れておくべき数字として興味深いものばかりだ。主要なものをピックアップして紹介する。

PAGE TOP