[クラウド分解辞典−Amazon Web Services編]

【最終回】ユーザーニーズに沿い、フルマネージド化とサーバーレス化が進む

2016年1月27日(水)佐々木 大輔(クラスメソッド AWS コンサルティング部 部長/札幌オフィスエリアマネージャ)

前回は、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)とモバイル、アナリティクス関連のサービスを紹介した。本連載の最終回となる今回は、これまでに紹介していないサービスをまとめて紹介する。

 本連載では第1回から第9回まで、AWS(Amazon Web Services)が提供する種々のサービスを分野別に紹介してきた。最終回となる今回は、これまでに取り上げていないサービスの概要を、(1)コンピューティング、(2)アプリケーション、(3)マネジメントに分けて紹介する。

コンピューティングに関するサービス

■Dockerコンテナ管理のAmazon EC2 Container Service

 「Amazon EC2 Container Service(ECS)」は、Dockerコンテナの管理サービスである。クラスターとして管理されたEC2サーバー上に、Dockerコンテナで構成されたアプリケーションを簡単にデプロイすることができる。Dockerコンテナは、1つのサーバー上で複数のアプリケーションを構成できる反面、管理に手間がかかる。ECSを使えば、EC2サーバーのリソースを効率的に使う形でDockerコンテナを分散でき、管理が容易になる。

 さらに、ECSと連携する「Amazon EC2 Container Registry(ECR)」が2015年12月にリリースされた。ECRは、Dockerイメージを保存し管理するためのサービスである。

■イベントドリブンを可能にするAWS Lambda

 「AWS Lambda」は、イベントに応答して開発者のプログラムコードを実行するサービスである。EC2サーバーを立てずにプログラムコードを実行できる、シンプルだが画期的なサービスだ。ストレージサービスの「S3」へのファイルアップロードや、キーバリュー型データベース「DynamoDB」へのレコード追加、ストリーミングデータ分析の「Kinesis」へのデータ投入など、AWSの各種サービスで発生した変化を、プログラムコードを実行するためのトリガーにできる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】メディア変換やメール配信のサービスも
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
クラウド分解辞典−Amazon Web Services編一覧へ
関連記事

【最終回】ユーザーニーズに沿い、フルマネージド化とサーバーレス化が進む前回は、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)とモバイル、アナリティクス関連のサービスを紹介した。本連載の最終回となる今回は、これまでに紹介していないサービスをまとめて紹介する。

PAGE TOP