CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[これがAI分野の先進スタートアップ企業だ]

注目すべきAIのスタートアップ6社の実力をチェックする

2015年12月29日(火)富士通 BIG CHANGEプログラムメンバー(市川 誠久、齋藤 聖高、坂井 教一、柴田 浩太郎、中村 政和)

筆者らは「Machine Intelligence LandScape」というAI分野の俯瞰図にある235社の企業について、設立年や技術、製品/サービスの要約などを調査した。本稿では、その中でも活発なスタートアップ企業を5回にわたって紹介する。前回は、AI(Artificial Intelligence)市場の全体像を俯瞰した。今回は、特に注目すべき6社を取り上げ、その実力をチェックしてみる。

 AI(Artificial Intelligence)に関する分野で、特にどの企業が、投資家から注目を集めているのか−−。その指針の1つになるのが投資の調達額である。俯瞰図「Machine Intelligence LandScape」のコア技術の部分に記載されている54社の中から、融資総額や有名VC(Venture Capital:ベンチャーキャピタル)による融資の観点で、第1回で紹介したコア技術分野の別に注目企業を選んでみた。上場企業や他社に既に買収されている企業は除いてある。

 選んだのは、DataRPM、Vicarious、Luminoso Technologies、MindMeld(旧Expect Labs)、Clarifai、Pop Up Archiveの6社である(表1)。

表1:コア技術分野の別に選んだ注目企業表1:コア技術分野の別に選んだ注目企業
拡大画像表示

 各社の取り組み内容を順に見てみよう。

Machine LearningのDataRPM

 DataRPMは、自然言語での質問応答も可能にする、機械学習によるビッグデータ分析を提供する。ビッグデータを扱うに当たり、分散処理のフレームワーク「Hadoop」でも動作し、処理の高速化を実現している(図2)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】画像分野の学習で強みを持つ
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
これがAI分野の先進スタートアップ企業だ一覧へ
関連記事

注目すべきAIのスタートアップ6社の実力をチェックする筆者らは「Machine Intelligence LandScape」というAI分野の俯瞰図にある235社の企業について、設立年や技術、製品/サービスの要約などを調査した。本稿では、その中でも活発なスタートアップ企業を5回にわたって紹介する。前回は、AI(Artificial Intelligence)市場の全体像を俯瞰した。今回は、特に注目すべき6社を取り上げ、その実力をチェックしてみる。

PAGE TOP