CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[これがAI分野の先進スタートアップ企業だ]

業務特化のAIベンチャーが台頭、様々な自動化・効率化をうながす

2015年12月30日(水)富士通 BIG CHANGEプログラムメンバー(市川 誠久、齋藤 聖高、坂井 教一、柴田 浩太郎、中村 政和)

富士通のBIG CHANGE プログラムのチームがAIベンチャーの俯瞰図「Machine Intelligence LandScape」を元に、AIベンチャー企業の実態を調査した。今回は、「Rethinking Enterprise」すなわち業務へのAI活用について解説する。企業内の様々な業務をAIで自動化・効率化する企業が台頭している。

 AI(Artificial Intelligence)はすでに我々の生活に入り込んできている。音声アシスタントと呼べる米Appleの「Siri」や米Googleの「Google Now」、日本では未発売ながら米AmazonのEchoなどが、その1例である。「そんなものは使ったことがない」という読者でも、機械翻訳のWebサイトや音声アイコン、レコメンド機能のボタンなどを見かける機会は多いはずだ。

 使ったことがある人は分かるだろうが、かなり便利である。Google Nowを海外旅行で使ってみると良く分かる。旅行に行く際は下調べをし、慎重に計画を立てると思う(ここがいちばん楽しい)。だが、実際に現地に行くと予定どおりにいかないことも多い。

 例えば「地下鉄を乗り間違えた。終点まで行って初めて気付き、車庫で下ろされてしまった」「レンタカーで道を間違えた」「今日は暑いと思って薄着をしていたら、途中から雨が降ってきた。上着が欲しい」「妻が突然スーパーマーケットに行きたいと言い出したが、どこへ連れて行けばよいのか分からない」といったようなことだ(事実、筆者と妻は上記のすべてで喧嘩になった)。

 そんなときは現地の人に聞くのが手っ取り早い。しかし、もしスマホのアプリが“勝手に”意味のある情報を出してくれたらどうか。「地下鉄を使うと何駅乗って何分後に目的地に着く予定」「今は晴れていて暑いけれど、明日は雨で寒くて気温も低い。だから上着を用意していかないと近くのGapで買わなければならなくなる」といった具合である。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】大手企業による買収対象に
  • 1
  • 2
バックナンバー
これがAI分野の先進スタートアップ企業だ一覧へ
関連記事

業務特化のAIベンチャーが台頭、様々な自動化・効率化をうながす富士通のBIG CHANGE プログラムのチームがAIベンチャーの俯瞰図「Machine Intelligence LandScape」を元に、AIベンチャー企業の実態を調査した。今回は、「Rethinking Enterprise」すなわち業務へのAI活用について解説する。企業内の様々な業務をAIで自動化・効率化する企業が台頭している。

PAGE TOP