CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[市場動向]

【年末年始特集】AI分野のスタートアップ企業をチェックする

2016年1月1日(金)富士通 BIG CHANGEプログラムメンバー(市川 誠久、齋藤 聖高、坂井 教一、柴田 浩太郎、中村 政和)

2015年は「第3次AIブーム」が花開いた年だった。2016年はさらに加速することが確実であり、企業ITの関係者や責任者は、その技術動向を的確に把握する必要があるだろう。AI分野では実際に、どんな技術が開発され、利用が進みつつあるのか?富士通の技術チームが「Machine Intelligence LandScape」を元に、米国を中心としたAIベンチャー企業の実態を調査した。その結果を4回に分けてレポートする(本誌)。

Ai Startups

【第1回】広がりが著しいコアAI技術
テキストから音声、映像までの理解を可能に

 富士通BIG CHANGEプログラムメンバーは「Machine Intelligence LandScape」というAI分野の俯瞰図にある235社の企業について、設立年や技術、製品/サービスの要約などを調査した。実用化のレベルは様々だが、Machine Intelligence 関連技術の広がりや奥行きの深さには凄まじいものがある。その中でも活発なスタートアップ企業を5回にわたって紹介する。第1回はAI市場の全体像を俯瞰する。

【第2回】注目すべきAIベンチャー6社の実力をチェックする

 「Machine Intelligence LandScape」というAI分野の俯瞰図にある235社の中から活発なスタートアップ企業を紹介している。第2回は、特に注目すべき6社を取り上げ、その実力をチェックしてみる。

【第3回】業務特化のAIベンチャーが台頭
様々な自動化・効率化をうながす

 AIベンチャーの俯瞰図「Machine Intelligence LandScape」を元に調査した、AIベンチャー企業の実態。第3回は、「Rethinking Enterprise」すなわち業務へのAI活用について解説する。企業内の様々な業務をAIで自動化・効率化する企業が台頭している。

【第4回】業種特化で既存事業を破壊するAIベンチャー
産業構造に大きな変革をもたらす

 AIベンチャーの俯瞰図「Machine Intelligence LandScape」を元に調査した、AIベンチャー企業の実態。第4回は、「Rethinking Industry」すなわち金融や教育、農業などの業種を破壊的に変革することを目指すAIベンチャーを紹介する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

【年末年始特集】AI分野のスタートアップ企業をチェックする2015年は「第3次AIブーム」が花開いた年だった。2016年はさらに加速することが確実であり、企業ITの関係者や責任者は、その技術動向を的確に把握する必要があるだろう。AI分野では実際に、どんな技術が開発され、利用が進みつつあるのか?富士通の技術チームが「Machine Intelligence LandScape」を元に、米国を中心としたAIベンチャー企業の実態を調査した。その結果を4回に分けてレポートする(本誌)。

PAGE TOP