[真のグローバルリーダーになるために]

【第25回】競合相手の蘇総経理に対米ビジネスの話題で仕掛ける

2016年1月8日(金)海野 惠一(スウィングバイ代表取締役社長)

日本ITCソリューションが香港で臨む大型案件。安値攻勢を仕掛けるとの情報がある競合相手、北京鳳凰の真意を探ろうと、同社トップの蘇総経理との面談を取り付けた。その面談を明日に控え、ITCソリューションの佐々木課長と香港支社副社長の森山、協業する三井商事の筒井と大神の4人は、北京について四川料理店「紅京魚」で夕食を採りながら、明日の話の切り出し方を相談した。だが、安値攻勢について北京鳳凰に切り出すのはいいが、何を提案するのかを見いだせないまま、夜は更け、当日の朝を迎えた。

 ITCソリューション課長の佐々木は、いつもの通り朝5時に起きて、いつもの通りに朝の日課を終えると、7時にロビーに降りてコーヒーショップに向かった。すでに三井商事の筒井が朝食を食べ始めていたので、そこに同席した。

 「筒井さん、おはようございます」

 佐々木は筒井に挨拶した。

 「おはようございます。昨夜はよく眠れましたか?」

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】蘇総経理が日中のビジネスについて語り出した
  • 1
  • 2
バックナンバー
真のグローバルリーダーになるために一覧へ
関連記事

【第25回】競合相手の蘇総経理に対米ビジネスの話題で仕掛ける日本ITCソリューションが香港で臨む大型案件。安値攻勢を仕掛けるとの情報がある競合相手、北京鳳凰の真意を探ろうと、同社トップの蘇総経理との面談を取り付けた。その面談を明日に控え、ITCソリューションの佐々木課長と香港支社副社長の森山、協業する三井商事の筒井と大神の4人は、北京について四川料理店「紅京魚」で夕食を採りながら、明日の話の切り出し方を相談した。だが、安値攻勢について北京鳳凰に切り出すのはいいが、何を提案するのかを見いだせないまま、夜は更け、当日の朝を迎えた。

PAGE TOP