CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[シリコンバレー最前線]

ドローン時代の幕開けでスタートアップも増加、FacebookやGoogleはインターネットサービス用途を模索

2016年1月12日(火)山谷 正己

ドローン(drone)の利用分野が大きく広がるとの期待が高まっている。シリコンバレーのサンノゼ市では2015年秋、ドローンをテーマにした初の展示会「Drone Worldエクスポ」も開催された。ドローンを開発するスタートアップも増えている。

図1:Drone Worldエクスポのホームページ図1:Drone Worldエクスポのホームページ
拡大画像表示

 ドローン(drone)とは、無人の飛行機のことである。UAV(Unmanned Aerial Vehicle)あるいはUAS(Unmanned Aircraft System)とも呼ぶ。サンノゼ市で2015年秋に開かれたドローンの展示会「Drone Worldエクスポ」では、ドローンメーカーとドローンを使ったソリューション提供会社の計60社が競って製品/サービスを展示した(図1)。

 展示会場では利用事例も発表された。鉄道会社における鉄道路線と列車の点検や、保険会社での被災地の状況把握、土木会社の土地の測定などだ。他にも、小売りや配送、農業など様々な分野での利用方法が提案されている。ドローンメーカーを調査しているUAV Globalによれば、ドローンメーカーは世界で473社もある。

Amazonのほか、FacebookやGoogleも開発中

図2:米Amazon.comが開発中のドローン(YouTubeより)図2:米Amazon.comが開発中のドローン(YouTubeより)
拡大画像表示

 従来、ドローンは主に軍事目的に使われてきた。ところが、2013年に米Amazon.comが商品の配送にドローンを使う計画を発表して以来、ドローンの商用化がにわかに注目されるようになった。同社は当初、ヘリコプター式のドローンを開発していると伝えられていたが、2015年12月には垂直に離着陸し水平に飛行する新型ドローンの試作機を公開した(図2)。ドローンを使った配送サービスを「Amazon Prime Air」と呼んでいる。

図3:Facebookのドローンの完成予想図(YouTubeより)図3:Facebookのドローンの完成予想図(YouTubeより)
拡大画像表示

 FacebookとGoogleもドローンを開発している。いずれも過疎地へのインターネットサービスの提供が目的だ。Facebookは2014年3月にドローンメーカーである英Ascentaを2000万ドルで買収、2015年3月に試作品を公開した(図3)。過疎地の上空にドローンを飛ばし、そこから地上に向けてWi-Fi接続サービスを提供する。ドローンの主翼には太陽電池を張り巡らせてあり、半永久的に旋回させることができる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】商用ドローンの飛行規程完成は2016年秋を予定
  • 1
  • 2
バックナンバー
シリコンバレー最前線一覧へ
関連記事

ドローン時代の幕開けでスタートアップも増加、FacebookやGoogleはインターネットサービス用途を模索ドローン(drone)の利用分野が大きく広がるとの期待が高まっている。シリコンバレーのサンノゼ市では2015年秋、ドローンをテーマにした初の展示会「Drone Worldエクスポ」も開催された。ドローンを開発するスタートアップも増えている。

PAGE TOP