コラボレーション コラボレーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

Pepperに搭載可能なWatsonを開発へ―米IBMとソフトバンク

2016年1月8日(金)IT Leaders編集部

米IBMとソフトバンクロボティクスホールディングス(SBRH)は2016年1月6日(米国時間)、ソフトバンクの人型ロボット「Pepper」向けの「IBM Watson」を開発し、企業に提供する計画を発表した。IoT(Internet of Things:モノのインターネット)で得られる幅広いデータや知識を活用し、ソーシャルメディア、ビデオ、画像、テキストといったデータが持つ意味をPepperが把握できるようにする。

 「IBM Watson」は、オープンなコグニティブ(認知型)コンピューティングテクノロジー基盤。システムの感知、学習、経験を通じて人と同じように言葉の意味を理解するコンピューティングを可能にする。

 開発中の、Watsonを搭載した「Pepper」は、基幹機能とSDK(Software Development Kit:ソフトウェア開発キット)で構成される。様々なプリパッケージのAPI(Application Programming Interface)へアクセスすることも可能だ。

 IBMは現在、サービス業や消費財を提供する企業とともにロボット技術を試験中だという。Watsonを搭載したPepperを通じて、顧客がコグニティブコンピューティングを体験するための方法を拡充できるようにする。

 機能や相互作用が限定された単一の業務向けの機器として、特定の仕事を完了するように作られているロボットとは違い、IBMとSBRHは、コグニティブコンピューティングで応用できる分野を広げるために、Pepperのモビリティや機敏性を進化させるとしている。両社は、教室内の教師アシスタントや看護補助など幅広い使用例を研究していく予定だ。

関連キーワード

ロボット

関連記事

Pepperに搭載可能なWatsonを開発へ―米IBMとソフトバンク米IBMとソフトバンクロボティクスホールディングス(SBRH)は2016年1月6日(米国時間)、ソフトバンクの人型ロボット「Pepper」向けの「IBM Watson」を開発し、企業に提供する計画を発表した。IoT(Internet of Things:モノのインターネット)で得られる幅広いデータや知識を活用し、ソーシャルメディア、ビデオ、画像、テキストといったデータが持つ意味をPepperが把握できるようにする。

PAGE TOP