[市場動向]

ISID、三菱地所、電通がFinTechスタートアップ支援拠点「Fino Lab」を大手町に開設

2016年1月15日(金)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

電通国際情報サービス(ISID)は2016年1月15日、三菱地所、電通と協業し、FinTechスタートアップ企業支援のための拠点「The FinTech Center of Tokyo Fino Lab(略称:Fino Lab、フィノラボ)」を2016年2月1日に開設すると発表した。

 Financial Technologyを縮めたFinTech(フィンテック)は、最新のITを駆使してこれまでになかった金融サービスの創出などに取り組む活動。金融業界のホットワードとして注目度が急上昇している。

 国内でもこのFinTechに着目し研究開発を行うスタートアップ企業が現れ始めている。今回発表されたFino Labは、そうした“FinTechスタートアップ”の成長を支援・加速する日本初の産業拠点であり、「彼らの成長を支援する各界のプロフェッショナルが集う協働の場、また活動そのものを指す名称である」(ISID)という。

 Fino Labは、東京国際金融センター構想の中枢である大手町エリアに拠点を置き、活動全般の運営をISIDが担う。同社によると、有望なFinTechスタートアップの発掘、FinTechスタートアップがサービス開発に集中できる環境やリソースの提供、専門家によるメンタリング、オープンコミュニティ形成を促す各種イベントの開催、国内外の投資家や需要家とのマッチング機会創出などを実施する計画だ。

 また、Fino Labの運営にあたっては、FinTechに関連する各領域のプロフェッショナルである有志個人(弁護士、投資家、起業家、金融従事者等)が集結し、2016年1月に設立予定の一般社団法人金融革新同友会「Finovators(フィノベーターズ)」と密に連携していくという。「高い志と専門性を持つ個人のプロボノ活動をベースに、ファイナンス、許認可、セキュリティ、海外展開等、スタートアップ企業の成長に必要な各領域のメンタリングを実施していくことで、特定の企業や業界にとらわれない、オープンなコラボレーションの場を創出していく」(ISID)

 Fino Labの概要は以下のとおりとなっている。

正式名称:The FinTech Center of Tokyo Fino Lab
略称:Fino Lab、フィノラボ)
URL:http://finolab.jp/ (画面1)
所在地:東京都千代田区丸の内1-3-1 銀行協会ビル14階
事業内容:FinTech領域のスタートアップ企業を支援するイベント(セミナー、マッチングイベントなど)の開催、社内外の専門家によるメンタリング、国内外の投資家や需要家へのプレゼンテーションとマッチング機会の創出、FinTechスタートアップ企業と参画企業による共同研究の推進などを行う。

画面1:コンテンツはトップページのみだが、すでにFino LabのWebサイトが公開されている
関連キーワード

FinTech / 電通国際情報サービス / 三菱地所

関連記事

ISID、三菱地所、電通がFinTechスタートアップ支援拠点「Fino Lab」を大手町に開設電通国際情報サービス(ISID)は2016年1月15日、三菱地所、電通と協業し、FinTechスタートアップ企業支援のための拠点「The FinTech Center of Tokyo Fino Lab(略称:Fino Lab、フィノラボ)」を2016年2月1日に開設すると発表した。

PAGE TOP