[新製品・サービス]

仮想化基盤を短期間で導入可能にする新サービスをNECが提供開始

2016年1月18日(月)IT Leaders編集部

NECは2016年1月15日、事前の動作検証・評価や、構築支援サービスの提供により、簡単かつ短期間に仮想化基盤を導入できる「仮想化簡易導入ソリューション」を発売した。VMware vSphere 6の仮想ボリューム機能「Virtual Volumes(以下、VVOL)」を採用、仮想マシン単位でストレージ機能をできるようにした。

 「仮想化簡易導入ソリューション」は、NECのIAサーバー「Express5800/R120f-1M」とユニファイドストレージ「iStorage M110」、ヴイエムウェアの仮想化ソフトウェア「VMware vSphere 6」、構築支援サービスをセットにしたもの。

 事前にサーバーとストレージを組み合わせてVMware vSphere 6の動作検証・評価を実施しており、ユーザーは検討やサイジングが不要になる。さらに、ハードウェアやソフトウェアのセットアップを支援する構築支援サービスを提供し、簡単かつ短期間で仮想化基盤の導入を可能にする。

 従来の仮想化環境では、サーバーは仮想マシン単位で、ストレージは論理ディスク単位でリソースを管理していた。そのためバックアップや復旧、QoS(Quality of Service)などのストレージ機能を仮想マシン単位で利用したい場合も、論理ディスク単位で利用する必要があった。VMware vSphere 6のストレージ向け仮想ボリューム機能「VVOL」を使用することで、ストレージ機能を仮想マシン単位で利用可能になる。

 仮想化簡易導入ソリューションの価格は、Express5800/R120f-1M(仮想マシン数3台)、iStorage M110、VMware vSphere 6、構築支援サービスを含み、999万8000円(税別)。出荷日は1月15日になる。

関連記事

仮想化基盤を短期間で導入可能にする新サービスをNECが提供開始NECは2016年1月15日、事前の動作検証・評価や、構築支援サービスの提供により、簡単かつ短期間に仮想化基盤を導入できる「仮想化簡易導入ソリューション」を発売した。VMware vSphere 6の仮想ボリューム機能「Virtual Volumes(以下、VVOL)」を採用、仮想マシン単位でストレージ機能をできるようにした。

PAGE TOP