[河原潤のITストリーム]

デジタルイノベーションの実験場となるか、IDCフロンティアの「エコアライアンス」:第50回

2016年1月25日(月)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

国内大手データセンター/クラウドサービス事業者のIDCフロンティアが、「エコアライアンス」と呼ぶユニークなプログラムを開始しています。これは同社のIaaS「IDCFクラウド」上に構築されたマーケットプレイスに、パートナーが自社の製品やサービスを無料公開できるという試みです。

クラウドファースト時代の製販一体マーケットプレース

 この1、2年、コンシューマークラウドやSaaSの活用に加えて、IaaSやPaaSといった企業ITインフラのクラウド化も進み、国内でも規模や業種を問わずクラウドファーストの考え方が浸透しつつあります(もはやクラウドマストであるという声も聞こえます)。2000年代半ばからITベンダーの喧伝が常に先行したエンタープライズクラウドも、いよいよ本格的な活用フェーズに入ったわけです。

 そんな中で、国内大手データセンター/クラウドサービス事業者のIDCフロンティアから面白い試みが発表されました。同社が2016年1月20日より始動した「エコアライアンス」(エコシステムのアライアンスの略)です。IDCFクラウド上に用意されたマーケットプレースに、「エコアライアンスパートナー」契約を結んだ企業が自社のソフトウェアやサービスを試用版として公開し、ユーザーは使いたいサービスを選んで利用できるという製販一体型のプログラムです(図1)。

図1:エコアライアンスのプログラムスキーム(出典:IDCフロンティア)
拡大画像表示

 パートナーは、自社の製品を「コミュニティテンプレート」(図2)形式でIDCFクラウド上のエコアライアンスに公開することで、フリーミアムモデルで多数のユーザーに周知したり、ベータ版などの開発途上の段階から、機能や操作性などのフィードバックを取得したりできるようになります。

図2:コミュニティテンプレートのイメージ。ユーザーは、公開されたテンプレートから、直ちに実行環境の仮想マシンを作成できるようになっている(出典:IDCフロンティア)

 IDCフロンティアによるとエコアライアンス始動時点のパートナー数は20社(表1)で、CMS、バックアップ、脆弱性診断といったクラウドサービスを試せるようになっています。説明会では、パートナー先行事例として、イノベーション・ファームの秘密分散技術を採用した「分散PortKey」と、フィックスポイントのシステム運用自動化プラットフォーム「kompira」の2サービスが紹介されました。IT部門にとってこうした先進技術の導入はなかなかハードルが高いのですが、製品/正式版の導入に足るかどうかを実際に利用して評価できるわけです。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】日本のDC/クラウド事業者ならではの付加価値で海外勢に対抗
  • 1
  • 2
バックナンバー
河原潤のITストリーム一覧へ
関連キーワード

IDCフロンティア / マーケットプレース / フリーミアム

関連記事

Special

-PR-

デジタルイノベーションの実験場となるか、IDCフロンティアの「エコアライアンス」:第50回国内大手データセンター/クラウドサービス事業者のIDCフロンティアが、「エコアライアンス」と呼ぶユニークなプログラムを開始しています。これは同社のIaaS「IDCFクラウド」上に構築されたマーケットプレイスに、パートナーが自社の製品やサービスを無料公開できるという試みです。

PAGE TOP