[新製品・サービス]

Azure活用してSAP ERPをマイグレーション―日本マイクロソフトとNTTデータGSL

2016年1月27日(水)IT Leaders編集部

日本マイクロソフトとNTTデータグローバルソリューションズ(NTTデータGSL)は2016年1月26日、Microsoft Azureをクラウド基盤として活用した独SAP製品のマイグレーションサービスを提供すると発表した。

 独SAP製品のマイグレーションサービスは、Microsoft Azureの特性を活かした移行及び運用の検証、開発、展開を支援する。SAPソリューションがどのデータベースを利用していてもAzure上に展開でき、ライセンス移管および保守サービスの継続提供も可能となっている。

 日本国内に東西2つのデータセンターリージョンおよびグローバルネットワークを持つ、Azureの特性を活かしたディザスターリカバリー(DR)をクラウドサービスで提供する。ASR(Azure Site Recovery)を活用した、オンプレミスからクラウドへのDR設計を、SAPシステム構成に最適化している。日本企業のニーズに合ったバックアップも提供可能になっている。

 システム監視にはNTTデータのオープンソース監視ソフトウェア「Hinemos」を採用している。インシデント管理には「SAP Solution Manager」を活用していて、新たなソフトウェアの構築は不要で運用プロセスの効率化を図れる。

 日本マイクロソフトは、Azure上でのSAP ERP製品の稼働を正式サポートすることを発表して以降、具体的なソリューション開発を進めてきたという。NTTデータGSLは、様々な環境のSAP ERPシステムを、クラウド基盤やフルアウトソーシングサービスへ短期間で移行した実績とノウハウを活かし、マイグレーションサービスのラインアップにAzureへの対応を加えることにした。

 両社は今後、共同で実地検証と応用化を進めていく。また、Azure上でのSAP製品の拡販に向け、バーチャルチームを組織し、共同でターゲット顧客の選定と共同提案を実施する。日本マイクロソフトは、米マイクロソフトの開発部門が実施するSAP認証取得作業のなかで得られた技術情報を、同バーチャルチームを通じて共有し、技術情報の拡充も図るとしている。
 

関連記事

Azure活用してSAP ERPをマイグレーション―日本マイクロソフトとNTTデータGSL日本マイクロソフトとNTTデータグローバルソリューションズ(NTTデータGSL)は2016年1月26日、Microsoft Azureをクラウド基盤として活用した独SAP製品のマイグレーションサービスを提供すると発表した。

PAGE TOP